「ミスラ」の版間の差分

m
 
==他宗教への影響==
ミスラ信仰はペルシャ帝国期、[[マギ|マギ神官]] (magi) によって[[小アジア]]、[[シリア]]、[[メソポタミア]]に伝道され、[[ギリシア]][[ローマ]]にも取り入れられた。[[ギリシャ語]]形・[[ラテン語]]形で'''ミトラース'''(Μίθρας [Mithras])と呼ばれ、[[太陽神]]、英雄神として崇められた。
 
その信仰は[[ミトラ教|ミトラス教]] (Mithraism) と呼ばれる[[密儀宗教]]となって、[[1世紀]]後半から[[4世紀]]半ばまでのローマ帝政期、ローマとその属州で広く信奉され、[[二元論|善悪二元論]]と[[終末思想]]が説かれた。最大のミトラス祭儀は冬至の後で太陽の復活を祝う[[冬至祭|12月25日の祭]]で、[[キリスト教]]の[[クリスマス]](降誕祭)の原型とされる。のちに[[新プラトン主義]]と結合し、キリスト教と争ったが、圧迫されて衰退した。
ミスラ信仰はギリシアやローマにも取り入れられた。[[ギリシャ語]]形・[[ラテン語]]形で'''ミトラース'''(Μίθρας [Mithras])と呼ばれ、[[太陽神]]、英雄神として崇められた。
 
その信仰は[[ミトラ教|ミトラス教]]と呼ばれる密儀宗教となって、[[1世紀]]後半から[[4世紀]]半ばまで隆盛を極めたが、[[キリスト教]]の普及とともに衰退した。
 
また[[弥勒菩薩]](マイトレーヤ)は、名の語源を同じくする事から、ミスラを起源とする説も唱えられている。これによると、弥勒菩薩の救世主的性格はミスラから受け継いだものだという。
 
[[ユダヤ教]]の天使[[メタトロン]] (Metatron) の起源もミスラであるという説がある。メタトロンは神の住居といわれる第七天に住み、小ヤハウェともいわれるほどの実力者である。[[タルムード]]の賢者[[アヘル]]は、これを第二の神としたために[[異端|異端者]]とされた。一方のミスラも[[アフラ・マズダ]]を凌ぐほどの崇拝を受け、ゾロアスター教の正統に拮抗する勢力を保持した。また、ミトラの持つ「契約の神」「丈高き者」「万の目を持つ者」「万人の監視者」「太陽神」といった性格を、メタトロンも同じように保持していることが分かっている。メタトロンは「契約の天使」「非常な長身」「無数の眼の持ち主」「夜警」「太陽のような顔」といった性格を備えており、その異称「ミトロン (Mittron) 」からもミスラの影響がうかがえる。
 
{{DEFAULTSORT:みすら}}