「単体」の版間の差分

編集の要約なし
(調整)
編集の要約なし
{{otheruses|化学用語|位相幾何学の単体|単体 (数学) }}
'''単体'''(たんたい、simple substance)とは、1種類単一の[[元素]]だけからできている[[純物質]]のことである。[[水素]] (H<sub>2</sub>)、[[酸素]] (O<sub>2</sub>) などの[[二原子分子|等核二原子分子]]や、[[ナトリウム]] (Na)、[[金]] (Au) などの純金属が含まれる。これに対して、[[水]] (H<sub>2</sub>O) など2種類以上の元素からできている純物質は[[化合物]]という
純物質とは一定の性質を示す物質であり、単に単一の元素からできているだけでは単体とは言えないこともある。たとえば[[ダイヤモンド]]と[[グラファイト]]とを混ぜたものは炭素原子のみでできているが単体ではなく、2種類の単体(この場合は炭素の[[同素体]])の[[混合物]]である。
 
[[酸素]] (O<sub>2</sub>) と[[オゾン]] (O<sub>3</sub>)、あるいは赤[[リン]]と黄リンのように、同じ元素からできた単体であっても、異なる性質を示す場合がある。このような単体同士の関係を[[同素体]]という。たとえば、[[ダイヤモンド]]と[[グラファイト]]を混ぜ合わせた物質は、単一の[[炭素]][[原子]]からできているが、[[密度]]・[[融点]]・[[沸点]]などの[[物理学|物理]]的性質が一定にさだまらないので純物質ではなく(したがって単体でもなく)、2種類の単体([[炭素]]の同素体)の[[混合物]]である。
[[水素]] (H<sub>2</sub>)、[[塩素]] (Cl<sub>2</sub>) などの[[二原子分子|等核二原子分子]]や[[ナトリウム]] (Na) や[[金]] (Au) などの純金属が単体の例である。
 
また、[[酸素]] (O<sub>2</sub>) と[[オゾン]] (O<sub>3</sub>)、あるいは[[リン|赤リン]]と[[リン|黄リン]]のように、同じ元素からできた単体であっても異なる性質を持つ場合もある。このような関係の物質を特に[[同素体]]という。
 
==関連項目==
*[[化合物]] - 単体と反対に、2種類以上の元素からできている物質のこと。
*[[純物質]]
*[[混合物]]
175

回編集