「年増女」の版間の差分

編集の要約なし
'''年増女'''(としまおんな)とは、娘の年頃を過ぎた女性。女性の年齢によって、年増、中年増(ちゅうどしま)、大年増(おおどしま)に区分される。年増の中で美しい年代を年増盛(としまざかり)と呼ぶ。
 
江戸時代の日本語では20歳で年増、25歳で中年増、30歳で大年増と呼んだ<ref>『[[日本国語大辞典]]』第二版 [[小学館]]</ref>
[[徳川家康]]は年増女を好んだといわれているが、[[関が原の合戦]]には15歳-16歳の女性を伴った<ref>津本陽、童門冬二『徳川吉宗の人間学』p.321</ref>。
 
使用例をあげる。『軽口御前男』「是は大きなとしまじゃ」、津国女夫池「千畳敷」「としまのよねは、もん日におはるる。」、辰巳之園「姉女郎あれば年廻あり」、[[徳田秋声]]『時の流れ』「この世界では、二十二三ともなれば、それはもう年増の部類で」、[[太宰治]]『[[ヴィヨンの妻]]』「旦那は、或る年増女に連れられて店の勝手口からこっそりはいってまいりましたのです。」、[[高橋留美子]]『[[めぞん一刻]]』でヒロインの響子「大年増ですわ」。
 
[[森鴎外]]「余興」「見れば、柳橋で私の唯一人識っている年増芸者であった。」、[[宇野浩二]]「彼の留守ちゅうに、彼の懇意にしているある年増芸者が」。
10,006

回編集