メインメニューを開く

差分

利き手については利き手左利きサウスポーに記述すべき内容。
[[画像:Baseball swing.jpg|thumb|スイングする右打者]]
[[画像:Baseball_Position.png|thumb|野球におけるグラウンド内の打者位置(左打者の場合)]]
'''打者'''(だしゃ)または'''バッター'''(batter) とは、[[野球]]または[[ソフトボール]]または[[クリケット]]において、[[投手]]が投げる[[ボール (野球)|ボール]]を、[[バット (野球)|バット]]を用いて[[ち返撃 (野球)|打撃]][[選手]]のことである。'''バッター'''(batter) とも呼ばれる。[[公認野球規則]]2.08により打者は定義されている。
 
野球においては[[公認野球規則]]2.08により定義されている。[[クリケット]]の打者は一般に、'''バッツマン'''(batsman) と呼称されるが、[[オーストラリア]]ではバッターと呼ばれている。
 
== 概要 ==
 
打者は、[[安打]]を打ったり、[[四球]]・[[死球]]などで出塁すると走者になる。特に、打者が[[一塁]]に進塁するまで、または打順が次の打者に回るまでは、'''打者走者'''(だしゃそうしゃ)と呼ばれて区別されることもある。打者は、何らかの理由で[[アウト (野球)|アウト]]になってグラウンドから退くか、走者として出塁することで、打撃を完了する。打撃が完了したら次の番の打者に打順が回る。
 
右打者が右投手、左打者が左投手と対戦する場合、腕(球離れ)が見づらくなること(特にサイドスロー)に加えてカーブやスライダーなど利き腕の反対側に変化する変化球が多く、目で追いづらい背中越しにボールが現れるために投手が有利とされる。そのため[[代打]]などで打者が送られる場合は、通常、投手の利き腕の反対側の打席に立つ打者が選ばれる。一般的に腕と同様に目にも利き腕ならぬ利き“目”が存在し、選手はより広い範囲・長い時間、利き目でボールを追っていられる打席を選ぶのが打席選択の目安とされる。具体的には利き目が投手側に位置する打席、すなわち右目が利き目の場合は左打席、左目が利き目の場合は右打席である。
 
以下、この項目では打者走者についても述べるが、走者としての規則の詳細は[[走者]]の項も参照されたい。
*[[故意落球]]が宣告された場合<ref>公認野球規則6.05(l)</ref>。
*バッターボックスから完全に片足または両足をはみ出した状態で、バットに投球を当てた場合。(これを[[反則打球]]という)
*:バッターボックスから'''完全に足をはみ出す'''とは、''バッターボックスを示している白線の外に足の全部を出すこと''をいい、足が白線にかかっている(白線を踏んでいる)限りは、反則打球にはならない。
 
== 打者が安全に進塁できる場合 ==
== 関連項目 ==
*[[野球の概要]]
*[[バッティング]]
*[[バッターボックス]]
*[[打線]]
10,932

回編集