メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
'''浅野 知近'''('''あさの ともちか'''、?-? - [[元和]]5年[[11月26日 (旧暦)|11月26日]]([[1619年]][[12月31日]]))は、[[浅野氏]]の一族。官位は左衛門佐。
 
[[浅野幸長]]と[[浅野長晟]]が[[紀伊藩|紀伊]]を領していたとき、[[紀伊田辺藩|田辺]]を領していた人物である。幸長の従弟にあたるのではないかと言われているが、血筋における関係など、詳しいことは不明である。浅野氏が[[安芸]][[広島藩]]に移されると、それに随行したが、それも間もない元和5年11月26日に死去。何らかの事情で誅伐されたらしく、その直後には息子の[[浅野知吉|知吉]]も切腹を命じられている。法号は義正院松雲相岩禅定門。墓所は[[広島県]][[広島市]]の国泰寺。
 
[[Category:1619年没|あさのともちか]]
108,399

回編集