「八九式固定機関銃」の版間の差分

編集の要約なし
| 戦争 = [[日中戦争]]・[[ノモンハン事件]]・[[第二次世界大戦]]
| 種別 =
| 口径 = 7.7mm7 mm
| 銃身長 = 732mm732 mm
| ライフリング =
| 使用弾薬 = 八九式普通実包
| 装弾数 =
| 作動方式 = ガス反動利用式
| 発射速度 = 900 発/分
| 銃口初速 = 820 m/s
| 有効射程 =
| 重量 = 12.3kg3 kg
| 全長 = 1,035mm035 mm
| バリエーション =
| 製造数 =
 
== 概要 ==
'''八九式固定機関銃'''は[[イギリス]]の[[ヴィッカース|ヴィッカーズ]]社が開発した7.7mm7 mm機関銃を[[ライセンス生産]]したものである。契約は{{和暦|1929}}、制式採用は{{和暦|1934}}。
 
威力は射程100m100 mで、11mm11 mmの[[鋼板]]を貫通した。
 
{{和暦|1940}}前後の主力戦闘機である[[九七式戦闘機]]甲/乙型(キ27甲/乙)の武装として、[[日中戦争]]([[支那事変]])・[[ノモンハン事件]]で使用されたが、[[機関砲]]([[航空機関砲]])化に進む世界情勢のもと口径7,7mm.7 mmは威力不足であり、[[太平洋戦争]]([[大東亜戦争]])開戦時には、後続となる口径12,7mm.7 mmの[[機関砲]]([[航空機関砲]])である'''ホ103''' '''[[一式十二・七粍固定機関砲]]'''に固定主力武装の座を明け渡した。
 
しかし主武装であるホ103の配備以降も八九式固定機関銃は副武装として合わせて使用され、[[一式戦闘機|一式戦闘機「隼」]]一型乙(キ43-I乙)<ref>機首武装2門(2挺)の内、片方1門はホ103・片方1挺が八九式。一型丙(キ43-I丙)以降は機首砲2門ともホ103を搭載。</ref>、[[二式単座戦闘機|二式単座戦闘機「鍾馗」]]一型甲/二型甲(キ44-I甲/II甲)、[[三式戦闘機|三式戦闘機「飛燕」]]一型甲(キ61-I甲)など、太平洋戦争初中期に実戦参加の戦闘機に装備された。
匿名利用者