「中越戦争」の版間の差分

== 戦況の推移 ==
{{ベトナム}}
中国は56万の軍をベトナム国境に集結させ威圧した。1979年[[2月17日]]、中国は「懲罰行為」と称して、[[雲南]]と[[広西]]からまず10万の陸上軍によりベトナム北部に侵攻した。中国ではこの戦争と80年代の国境紛争と併せて「対越自衛反撃戦」と呼び、ソ連・ベトナム連合の侵攻を恐れての行動でもあった。この時期、ベトナム軍主力はカンボジアにあり、北部には正規軍3個師団ほど(約3万人)と民兵しかいなかったが、この民兵は[[ベトナム戦争]]において米軍に勝ちベトナムを統一した主力であったために、彼らは実戦経験が豊富であり、さらにベトナム戦争時の大量のソ連製や中国製の長距離砲を含む各種の武器、弾薬も残っていた。そればかりでなく、旧[[南ベトナム]]政府軍から接収したアメリカ製兵器([[M101 (105mm榴弾砲)|M101 105mm榴弾砲]]、[[M114 (155mm榴弾砲)|M114 155mm榴弾砲]]、[[M113装甲兵員輸送車]]、[[M41軽戦車]]、[[M48 (戦車)|M48中戦車]]、[[UH-1 (航空機)|UH-1 イロコイ]]汎用ヘリ、[[F-4 (戦闘機)|F-4 ファントム]]艦上戦闘機、[[F-5 (戦闘機)#F-5A/B|F-5 フリーダムファイター]]軽戦闘機、[[T-37 (航空機)#A-37ドラゴンフライ|A-37 ドラゴンフライ]]軽攻撃機、[[A-1 (航空機)|A-1 スカイレイダー]]攻撃機など)の大半も使用可能であり、まさに精鋭の民兵だった。
 
中国軍は国産の[[62式軽戦車]]を主力にベトナム北部に侵攻したが、ベトナム軍の対戦車兵器により大半が撃破され、またベトナム国境付近は地雷原になっていたために歩兵を進めるのは困難だった。そのため中国軍は軽戦車から[[69/79式戦車|69式戦車]]と[[59式戦車]]といった [[MBT]]や[[中戦車]]を投入し、山越えをしてベトナムの側面に回りこむ策に出、さらにゲリラ戦に遭うのを防ぐため徹底的に山やジャングルを[[63/80式装甲兵員輸送車|70式130mm30連装自走ロケット砲]]や[[火炎放射器]]で攻撃した。
917

回編集