「氏家定直」の版間の差分

編集の要約なし
'''氏家 定直'''(うじいえ さだなお、[[1504年]]([[永正]]元年)?)? - [[1570年]]([[元亀]]元年)?))?)は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]・[[出羽国]]の武将で、[[最上氏]]の家臣。子に[[氏家守棟]]。伊予守を称す。
 
[[最上義守]]、[[最上義光]]の二代に仕えた。[[1570年]]、義守と義光が家督をめぐって争ったとき、病身を押してその仲介に奔走し、父子の和睦と義光への家督譲渡を実現した。また、[[天文の乱]]でも義守の代わりに奮闘した。
[[Category:1504年生]]
[[Category:1570年没]]
{{people-stubsubstub}}
{{Japanese-history-stub}}
 
匿名利用者