メインメニューを開く

差分

m
表現の重複
'''マルダーI'''(独: Marder I)は、[[第二次世界大戦]]期に[[ナチス・ドイツ]]が開発した対戦車自走砲である。[[ナチス・ドイツのフランス侵攻|1940年のフランス占領]]により数百輌を[[鹵獲]]した[[砲牽引車]]・[[装甲輸送車]]である37L ロレーヌ牽引車 (Tracteur Blinde 37L "Lorraine") をベースに、[[7.5 cm PaK 40]][[対戦車砲]]を搭載している。
 
制式名は'''7.5cm40式1型対戦車砲搭載ロレーヌ牽引車 (f) 型自走砲''' (7.5cm PaK40/1 auf Geschützwagen Lorraine Schlepper (f)) で、マルダーは「[[テン]](貂)」の意味。[[特殊車輌番号|制式番号]] Sf.Kfz. 135。資料によって表記は'''マーダー'''もしくは'''マルダー'''と表記される。
 
== 概要 ==
 
== 関連項目 ==
 
* [[マルダーII]]
* [[マルダーIII]]
6,093

回編集