「イタリア海軍」の版間の差分

m (→‎潜水艦部隊・特殊部隊の奮戦: 誤字:底を尽き→底を突き)
 
==== 潜水艦部隊・特殊部隊の奮戦 ====
マルタ島とその近辺での通商破壊戦が激化する一方で、イタリア海軍はいよいよ大型艦艇が運用できない程に燃料不足が深刻化していた。1942年の時点で燃料は底を突き、停泊していた新造戦艦3隻も最早、鉄の置物と化していた。そんな状況でも小型艦艇は奮戦を続け、海軍の特殊部隊が[[中立]]船に偽装した輸送艦「オルテラ」を拠点に多数のイギリス軍の輸送艦を撃沈している。同様に潜水艦部隊も[[ドイツ海軍]]の要請で29隻の潜水艦29隻から成る[[BETASOM]]と呼ばれる艦隊が大西洋側に回航し、[[フランス]]の[[ボルドー]]に築いた基地で休戦までに8万7000トン撃沈の「タッツォーリ」、9万1000トン撃沈の「アルキメーデ」など戦果を挙げた多くの潜水艦を輩出している。
 
==== 終戦 ====
917

回編集