「自我心理学」の版間の差分

(全体的修正2)
1930年代から40年代にかけて繰り広げられた「アンナ‐クライン論争」において、父フロイトが娘アンナを支持したことから、一般に正統派精神分析と位置づけられているが、ただしこの点については、フロイトの情実が絡んでいたのではないかという見方もある。
 
[[無意識]]よりも[[自我]]に研究を移し、[[自我]]の自律性や現実適応や機能、また[[防衛]]やその社会的行動についての幅広い心理学として展開される。自我の研究に関してはアメリカの[[精神医学]]において学ぶのがスタンダードになるほど、自我心理学は心理学一般に比較的受け入れられた。
 
==批判==
388

回編集