「鑿」の版間の差分

m (ロボットによる 除去: eo, it, pt, simple 変更: en)
 
== 概要 ==
鑿は刃の付いた金属部分と柄からなる。刃の付いた金属部分のうち、先端の太くなっている部分を「穂(穂先)」、柄とつながり細くなっている部分を「首」といい、柄とは口金で固定されている。
鑿には刃先の形状により、平鑿(ひらのみ)、丸鑿(まるのみ)など各種ある。
 
鑿には刃先の形状により、'''平鑿'''(ひらのみ)、'''丸鑿'''(まるのみ)など各種ある。
外国のものは、刃先に行くほど広がり、[[日本]]のものは刃の幅が一定のものが多い。
 
柄の先に刃が付き、柄頭を槌などで叩く(叩き鑿)、手で突く(突き鑿)などして削る。叩き鑿には、木製の柄が割れないように、柄頭に指輪の形状で金属製のかつらがはめてある。
鑿の種類には、使用方法により、柄頭を槌などで叩いて用いる「'''叩き鑿'''」と手で突くなどして用いる「'''突き鑿'''」がある。
 
叩き鑿には、木製の柄が割れないように、柄頭に環状の金属製の部品(「かつら」という)が取り付けられている。
 
== 外部リンク ==
462

回編集