「鑿」の版間の差分

 
鑿には刃先の形状により、'''平鑿'''(ひらのみ)、'''丸鑿'''(まるのみ)など各種ある。
外国のものは、刃先に行くほど広がり、[[日本]]のものは穂先の部分の幅が一定のものが多い。
 
鑿の種類には、使用方法により、柄頭を槌などで叩いて用いる「'''叩き鑿'''」と手で突くなどして用いる「'''突き鑿'''」がある。
462

回編集