「カール・ムック」の版間の差分

*"a very great master, whose reliability, maturity and selfless dedication are not equaled by any living artist." 『ムックは、その信頼度、円熟度、音楽に対する無私の献身において当今並び立つものがいない偉大なマエストロ。』([[アルトゥル・シュナーベル]])
*"an ideal accompanist." 『理想の伴奏者。』([[イグナツィ・パデレフスキ]])
*"Though old enough to be part of generation known for taking liberties with the score and indulging in flexible tempos, he was by contrast disciplined and direct, less concerned with placing his personal stamp on a score than on demonstrating fidelity to the score and ceding a certain interpretive anonymity." 『ムックはスコアに対する放縦な解釈、恣意的なテンポの設定が当たり前だと考えられていた世代の音楽家でありなに属する指揮者だ、例外的に、わたくしを滅し、スコアに忠実であることを旨とした指揮者だっていた。』([[ハロルド・ショーンバーグ]])
 
== 参考文献 ==
2,004

回編集