「小森健太朗」の版間の差分

編集の要約なし
{{文学}}
'''小森健太朗'''(こもり けんたろう、[[1965年]] - )は、[[大阪府]]生まれの[[推理作家]]、[[評論家]][[翻訳家]]。[[近畿大学]]文芸学部専任講師
 
1982年、『ローウェル城の密室』が史上最年少の16歳で第28回[[江戸川乱歩賞]]の最終候補作となり話題を集める。
[[Category:日本の翻訳家]]
[[Category:日本の文芸評論家]]
[[Category:近畿大学の教員]]
{{writer-stub}}
匿名利用者