「ブラックパンサー党」の版間の差分

m (ロボットによる 追加: ko:흑표당)
シールやニュートンら指導部は[[共産主義]]の影響を受けており、[[カール・マルクス|マルクス]]や[[フリードリヒ・エンゲルス|エンゲルス]]、[[ウラジーミル・レーニン|レーニン]]、[[ヨシフ・スターリン|スターリン]]、[[チェ・ゲバラ]]、[[フランツ・ファノン]]らの思想に共鳴していたが、とりわけ[[毛沢東]]から大きな影響を受け、のちにヒューイら指導者が中国を訪問している。ただしマルクスが[[ルンペンプロレタリアート]]の反動的な性格を指摘していたのに対し、ニュートンらはルンペンを社会主義革命の中心と見なしていた。
 
彼らは[[アメリカ合衆国]]における黒人社会を[[第三世界]]、[[植民地]]である考え見做し、合衆国と敵対関係にあった[[ベトナム]]や[[朝鮮民主主義人民共和国]](北朝鮮)、[[キューバ]]といった国々に対して連帯の意思を表明していた。また、アメリカ統治下の[[沖縄県|沖縄]]にも駐留米軍内部に党員が存在し([[毎日新聞]]1969年9月10日付より)、日本本土にも、「[[黒豹党支援日本委員会]]」という団体があった。
 
ニュートンやシールは、彼らの標榜する民族主義を「革命的民族主義」と定義し、[[帝国主義]]搾取的な面を持つ「反動的民族主義」と区別している。ニュートンによれば、「革命的民族主義」は、全世界の被抑圧民族との連帯および帝国主義との闘争を目的としたもので、搾取的な性格を持つ「反動的民族主義」は別のものである。ブラックパンサー党は[[アジア]]、[[アフリカ]]、[[ラテンアメリカ]]そして[[アメリカ合衆国]]国内の被差別民族との連帯を宣言し、彼らの思想を「インターコミューナリズム」と名づけ、[[機関紙]]「ザ・ブラック・パンサー」に、海外の闘争を紹介する「インターコミューナル・ニュース」を掲載した。
 
BPPは[[スウェーデン]]の[[ストックホルム]]に「海外局」を設置し、一部の党員は[[アルジェリア]]や[[キューバ]]に亡命した党員が拠点を置いた。[[1970年]]には[[南ベトナム解放民族戦線]]に対し、[[義勇兵]]の派遣を申し入れている。国内では、合衆国本土に移住した[[プエルトリコ|プエルトリコ人]]の自衛組織[[ヤングローズ]]や[[中国系アメリカ人]]の政治団体[[紅衛党]]、[[プアホワイト]]と呼ばれる白人貧困層の政治団体[[ヤングパトリオット]]、[[イッピー]]を中心とする白人青年ラディカルの[[青年国際党]]、学生を中心とする[[民主的社会のための学生同盟]](SDS)といった左派の組織と連帯して反差別、[[反戦運動|反戦闘争]]を闘った。女性解放を目的とする[[フェミニズム]]運動や[[LGBT]]の地位向上を目指す[[同性愛者解放戦線]](Gay Liberation Front)とも連帯した。
 
====十項目綱領====
917

回編集