「オワンクラゲ」の版間の差分

m
推敲
編集の要約なし
m (推敲)
|和名=オワンクラゲ
}}
'''オワンクラゲ'''(御椀水母、御椀海月)は、[[日本]]各地の沿岸で見られる[[ヒドロ虫綱]]<!--[[軟クラゲ亜目]][[オワンクラゲ科]]-->に属する[[クラゲ]]様の[[無脊椎動物]]。日本各地沿岸で見られる。傘は[[]]を逆さにしたような形をしており、透明で内側の[[放射管]]がはっきりと外側から見える。最大傘径は20[[センチメートル|cm]]におよび、ヒドロ虫綱で最大。刺激を受けると[[生殖腺]]を青白く発光させる。
 
主に春から夏にかけて見られる。水面に浮き、ほとんど動きがないが、他のクラゲや小魚などを大きな口を開けて丸呑みしてしまうする
 
クラゲの中では比較的生命力が強く、飼育も容易であるが、餌を工夫しないと人工繁殖の成体は発光しなくなる(→[[鶴岡市立加茂水族館#オワンクラゲ|参照]])。
 
== 種 ==
==''A. coerulescens'' と ''A. victoria'' ==
日本沿岸でみられる本種 ''A. coerulescens'' は、欧米でみられる ''A. victoria'' よりもやや大きいとされるが、現状では別種なのか同種の亜種なのかわかっていない。今のところ ''A. victoria'' についても和名をオワンクラゲとしており、下村がGFPを発見したのもこの ''A. victoria'' である。
 
== 学術的な利用 ==
*[[遺伝子組み換え]]生物を作るために、[[遺伝子]]の[[ベクター]]として用いられる合成[[プラスミド]]「[[pGLO]]」はこの種から生成される。
*[[緑色蛍光タンパク質]](Green Fluorescent(green Protein;fluorescent protein, GFP) GFP)の働きにより、刺激に反応して生殖腺を青白発光させる。同物質は、[[1960年代]]に[[下村脩]]により発見された研究のために85万匹もの大量捕獲をしされたという。GFP遺伝子は{{jdate|[[1992}}年]]に単離され、現在、自然由来の手軽な蛍光標識として[[生化学]]の実験分野で広く用いられている。下村はこの研究により、{{jdate|2008}}年度の[[ノーベル化学賞]]を受賞した。
 
*[[緑色蛍光タンパク質]](Green Fluorescent Protein; GFP)の働きにより、刺激に反応して生殖腺を青白発光させる。同物質は、[[1960年代]]に[[下村脩]]により発見された(研究の為85万匹もの大量捕獲をしたという)。GFP遺伝子は{{jdate|1992}}に単離され、現在、自然由来の手軽な蛍光標識として[[生化学]]の実験分野で広く用いられている。下村氏はこの研究により、{{jdate|2008}}の[[ノーベル化学賞]]を受賞した。
 
==関連項目==
* [[緑色蛍光タンパク質]] (GFP)
* [[GFP]]
* [[遺伝子工学]]
* [[レポーター遺伝子]]
20,476

回編集