「マイケル・ドゥーハン」の版間の差分

(→‎主な戦績: en:Michael Doohan (18:09, 23 December 2009 UTC) から #Grand Prix career statistics を翻訳して差し替え。8耐リザルトを追加)
[[1987年]]にTT-F1世界選手権日本ラウンドにプライベートチームから出場、3位入賞し注目を集める。[[1988年]][[スーパーバイク世界選手権]]日本大会第2レースで優勝。ちなみに日本ではこの年まで「マイケル・ドーハン」と呼ばれることが多かった。[[1989年のロードレース世界選手権|1989年]]、同郷の先輩[[ワイン・ガードナー]]のチームメイトとして[[レプソル・ホンダ|ロスマンズ・ホンダ]]チームに加入し、ロードレース世界選手権500ccクラスに本格参戦を始める。[[1990年のロードレース世界選手権|1990年]]に500cc初優勝、[[1991年のロードレース世界選手権|1991年]]ランキング2位となるなど徐々に頭角を現し、ホンダの新エースとしてチャンピオン候補と目されるようになる。
 
[[1992年のロードレース世界選手権|1992年]]シーズン、ホンダは[[ホンダ・NSR500|NSR500]]に不等間隔位相同爆方式のニューエンジン(通称ビッグバン・エンジン)を搭載し、エースライダーとなったドゥーハンに託した。このニューマシンを駆るドゥーハンはヨーロッパラウンドで4連勝。シーズン半ばにしてポイントを大きくリードし、初タイトル獲得を予感させる。ところが、オランダGPでの予選走行中に転倒を喫し、右足に重症を負ってしまう。以降4戦を欠場し、強行出場するも最終戦で[[ヤマハ発動機|ヤマハ]]の[[ウェイン・レイニー]]に僅差のポイント逆転を許し、王座への執念は実らなかった(レイニーはタイトル3連覇達成)。翌[[1993年のロードレース世界選手権|1993年]]も後遺症に苦しんだが辛抱強く戦い続け、イタリアGPで復帰後初優勝を挙げる。
 
シーズンオフに右足の再手術を受けて臨んだ[[1994年のロードレース世界選手権|1994年]]、右足のフィジカルダメージも癒え、自ら開発と熟成に尽力したNSR500とのマッチングは他を寄せ付けないベストパフォーマンスを発揮。デビュー6シーズン目にして念願のワールドチャンピオンを獲得する。以降、[[岡田忠之]]、[[アレックス・クリビーレ]]らチームメイトの挑戦を退け、1998年までタイトル5連覇という偉業を成し遂げる。特に[[1997年のロードレース世界選手権|1997年]]は15戦中12勝の年間最多勝記録をマークするなど、ドゥーハン専制時代を築きあげた。あまりに続く勝利の山に、'''「走る前から結果がわかってしまうつまらないレース」'''と言わしめるほどの圧倒的な強さを維持し続けた(なぜかスタートだけは上手いアレクサンドロ・バロスが邪魔になり、他のライダーがバロスを抜く間にトップのドゥーハンが安全圏まで逃げると言うレースが多々あった事も事実ではあるが)
 
しかし、タイトル6連覇のかかる[[1999年のロードレース世界選手権|1999年]]シーズンの第3戦[[スペイン]]GP([[ヘレス・サーキット|ヘレス]])の予選走行中、高速コーナーで激しく転倒し右鎖骨、左手首、右膝を骨折する大怪我を負う。これがきっかけとなり引退を表明。グランプリの"帝王"は第一線から退くこととなった。引退後は[[ホンダ・レーシング]]のGPアドバイザーなどを務め、[[バレンティーノ・ロッシ]]、[[加藤大治郎]]らをサポートした。
 
== スタイル ==