「鏡明」の版間の差分

編集の要約なし
{{文学}}
'''鏡 明'''(かがみ あきら、[[1948年]][[1月2日]] - )は、[[日本]]の[[小説家]]、[[SF作家]]、[[翻訳家]]、[[評論家]]、広告ディレクター。[[電通]]顧問(元・執行役員。初期は'''岡田英明'''名義を使用した。
 
== 概要 ==
大学時代は[[ワセダミステリクラブ]]や、伝説的なSFファンの集まり「[[一の日会]]」に参加。またSF[[同人誌]]「宇宙気流」「SF倶楽部」などに関わる。
 
大学卒業後、[[電通]]に勤務。[[ジョージ・ルーカス]]を起用した[[パナソニック]]のCMなどで知られ、数々の広告賞を受賞
[[1970年]]、『蜃気楼の戦士』([[A・メリット]])で翻訳家としてデビュー。また同年、短編『オム』を「季刊NW-SF1号」に発表し、作家としてもデビュー。『[[英雄コナン]]』シリーズ([[ロバート・E・ハワード]])などの[[ヒロイック・ファンタジー]]作品の翻訳を、[[荒俣宏]]と共に行う。また、岡田英明名義でロック評論も行った。他に、1973年に[[紀田順一郎]]、荒俣が創刊した雑誌『幻想と怪奇』に、[[瀬戸川猛資]]とともに編集同人として参加した。
22,494

回編集