「ヴェルフ家」の版間の差分

編集の要約なし
'''ヴェルフ家'''(Welfen)は、[[中世]]の[[神聖ローマ帝国]]で皇帝位を争った有力な[[ドイツ]]の大[[諸侯]]の家系。'''ヴェルフェン家'''とも言う。初期中世[[バイエルン]]に発し、その分家が[[ブルグンド王国|ユーラ・ブルグンド]]の王となった。更に初期ヴェルフ家の断絶後、その跡を継いだヴェルフ・エステ家が勢力を誇り、その分家である[[ハノーファー]]のヴェルフ家が[[イギリス]]の[[ハノーヴァー朝]]となり現代まで、[[フェラーラ]]と[[モデナ]]のヴェルフ家が近代まで続いた。
 
とりわけ有力であり、歴史に大きな足跡を残したのがヴェルフ・エステ家で、[[ザリエル朝]]、[[ホーエンシュタウフェン朝]]と帝位を争ったが、[[神聖ローマ皇帝]]となったのは[[オットー4世 (神聖ローマ皇帝)|オットー4世]]のみだった。
==初期ヴェルフ家==
{{See also|古ヴェルフ家}}
ヴェルフ家が歴史に最初に顔を出すのは[[9世紀]]始めのことである。ヴェルフ家の[[ヴェルフ (ユーディトの父)|シャッセンガウ伯ヴェルフ]]はバイエルンの有力貴族であり、その娘[[ユーディト (ヴェルフの娘)|ユーディト]]は[[カロリング朝]]の皇帝[[ルートヴィヒ1世 (フランク王)|ルートヴィヒ1世]]に嫁いでいた。ルートヴィヒ1世は[[817年]]に[[帝国整序令]]を発し、長男[[ロタール1世]]に[[イタリア王国 (中世)|イタリア]]と帝位を、次男[[ピピン]]に[[アクィタニア]]を、3男[[ルートヴィヒ2世 (東フランク王)|ルートヴィヒ2世]]に[[バイエルン]]を与えると決めていた(以上3人の息子はユーディトの子ではない)。
 
ところが[[823年]]にユーディトが4男[[シャルル2世 (西フランク王)|カール(シャルル)]]を生み、ヴェルフ家は彼にも領土を要求する。ルートヴィヒ1世もこれに応えてカールに[[アレマニア]]、[[アルザス]]、[[ブルグント王国|ブルグント]]など広大な領域を与えることに決めたため、カロリング朝は親子兄弟の相続を巡る内戦に陥ることとなった。この内戦は[[843年]]の[[ヴェルダン条約]]で決着し、この時既に亡くなっていたピピンを除く3兄弟がフランク帝国を分割することとなった。
 
==ユーラ・ブルグンドのヴェルフ家==
ルドルフ1世の息子[[ルドルフ2世 (ブルグント王)|ルドルフ2世]]はイタリアに積極的に介入し、[[922年]]には[[イタリア王]]を称した。また、[[933年]]にはキスユラ・ブルグント王国に侵攻してこれを併合、首都を[[アルル]]に置いた。
 
しかしルドルフ2世の孫[[ルドルフ3世 (ブルグント王)|ルドルフ3世]]には子供がなく、このため[[1032年]]の彼の死よりユーラ・ブルグントのヴェルフ家は断絶した。その王位はルドルフ3世の姉のギーゼラが皇帝[[ハインリヒ2世 (神聖ローマ皇帝)|ハインリヒ2世]]の母親に当たるため、[[神聖ローマ皇帝]]に相続され、以後ブルグント王位は歴代皇帝が称することになった。
 
==ヴェルフ・エステ家==
バイエルンのヴェルフ家も[[1055年]]の[[ヴェルフ (ケルンテン公)|ヴェルフ3世]]の死とともに断絶した。ヴェルフ3世の姉のクニグンデは[[9世紀]]から続く[[ロンバルディア]]の[[エステ辺境伯]][[アルベルト・アッツォ2世・デステ|アルベルト・アッツォ2世]]と結婚していたため、バイエルンのヴェルフ家は[[エステ家]]に相続されることとなった(このためヴェルフ・エステ家ともいう)。
 
ヴェルフ・エステ家は[[1070年]]にクニグンデとアルベルト・アッツォ2世の長男[[ヴェルフ4世]]が[[バイエルン大公|バイエルン公]]となって[[ドイツ王国|ドイツ]]に基盤を築いた。[[ヴェルフ5世]]は神聖ローマ皇帝[[ハインリヒ4世 (神聖ローマ皇帝)|ハインリヒ4世]]と対立し、[[叙任権闘争]]において[[教皇|ローマ教皇]]と結び教皇派の[[トスカーナ]]女伯[[マティルデ・ディ・カノッサ|マティルデ]]と結婚したため、教皇派はヴェルフ(ゲルフ)と呼ばれるようになる。
 
[[ザリエル朝]]が断絶するとバイエルン公[[ハインリヒ10世 (バイエルン公)|ハインリヒ10世]](尊大公)は[[ホーエンシュタウフェン朝|ホーエンシュタウフェン家]]の[[コンラート3世 (神聖ローマ皇帝)|コンラート3世]]と帝位を争った。[[1140年]]の[[ヴァインスベルクの戦い]]の「掛け声」からヴェルフ派をヴェルフ、ホーエンシュタウフェン派をウィーベリンと呼ぶようになり、これが[[イタリア]]に伝わり[[教皇派と皇帝派]](ゲルフ対ギベリン)となる。
 
[[ハインリヒ3世 (ザクセン公)|ハインリヒ獅子公]]は[[ザクセン公国|ザクセン公]]、バイエルン公を兼ね、舅の[[イングランド王国|イングランド王]][[ヘンリー2世 (イングランド王)|ヘンリー2世]]と結び大勢力を誇ったが、[[フリードリヒ1世 (神聖ローマ皇帝)|フリードリヒ1世]]との争いに敗れ、[[ノルマンディー]]に[[亡命]]している。ザクセンとバイエルンは没収、それぞれ[[アスカーニエン家]]の[[ベルンハルト3世 (ザクセン公)|ベルンハルト3世]]、[[ヴィッテルスバッハ家]]の[[オットー1世 (バイエルン公)|オットー1世]]に与えられた。
 
ハインリヒ獅子公の次男[[オットー4世 (神聖ローマ皇帝)|オットー4世]]は皇帝[[ハインリヒ6世 (神聖ローマ皇帝)|ハインリヒ6世]]の死後、その弟の[[フィリップ (神聖ローマ皇帝)|フィリップ]]と皇帝位を争った。当初形勢は不利だったが、フィリップが[[暗殺]]された為に念願の皇帝となった。しかし、ローマ教皇[[インノケンティウス3世 (ローマ教皇)|インノケンティウス3世]]と対立し(この時はヴェルフ派が皇帝派となり、ホーエンシュタウフェン派が教皇派となっている)[[破門]]され、[[12151214年]]の[[ブービーヌの戦い]]に敗れ、[[フリードリヒ2世 (神聖ローマ皇帝)|フリードリヒ2世]]に皇帝位を奪われ、[[1218年]]に失意の内に没した。
 
ちなみに、オットー4世の兄・[[ハインリヒ5世 (ライン宮中伯)|ハインリヒ5世]]は[[ライン宮中伯]]になっていたが、子の[[ハインリヒ6世 (ライン宮中伯)|ハインリヒ6世]]が子の無いまま[[1214年]]に死去した為、姻戚関係にあるバイエルン公[[ルートヴィヒ1世 (バイエルン公)|ルートヴィヒ1世]]が相続、ヴィッテルスバッハ家の世襲となっていった。
 
==ハノーファーのヴェルフ家==
 
==フェッラーラとモデナのヴェルフ家==
バイエルンのヴェルフ家のクニグンデと[[エステ家]]のアルベルト・アッツォ2世の結婚により、ヴェルフ家とエステ家は合体した。しかしその権力は長男の[[ヴェルフ4世]]が[[バイエルン大公]]となる一方で、次男[[フォルコ1世]]が[[エステ辺境伯]]となることで、ドイツとイタリアに分割されることになる。フォルコ1世の子孫はのちに[[フェラーラ]]、[[モデナ]]となった。
 
フェラーラとモデナのヴェルフ家は、[[1796年]]、モデナ公[[エルコレ3世・デステ|エルコレ3世]]が革命[[フランス革命]]政権に追放されて断絶した。エルコレ3世には息子はいなかったため、[[ウィーン会議]]で[[モデナ公国]]が再興された際、公位はエルコレ3世の娘マリア・ベアトリーチェと[[ハプスブルク=ロートリンゲン家]]の[[フェルディナント・フォン・エスターライヒ|フェルディナント・カール・アントン]]の息子で[[外孫]]に当たる[[フランチェスコ4世 (モデナ公)|フランチェスコ4世]]が相続することとなり、[[フェラーラとモデナの君主一覧|オーストリア=エステ大公]]と称するようになった。
 
== 関連項目 ==
匿名利用者