「CR機」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
そうした状況が一変しCR機が爆発的に普及するようになったきっかけと言われるのが、[[1993年]]11月に起こった「[[ダービー物語]]事件」である。「[[ダービー物語]]事件」によって、埼玉県内のホールおよびメーカーである[[平和 (パチンコ)|平和]]から逮捕者が出るなどの騒動となった。この事件の直前にも、パチンコメーカーの組合である[[日本遊技機工業組合]](日工組)が現金タイプの連チャン機自粛を決定しており、そうした一連の動きにより、現金機の[[連チャン]]が厳しく規制される一方、CR機の普及を図った当局は、CR機に限って確率変動などの連チャン機能を認めるなど、ダブルスタンダードの動きが当然となった。
 
この年、[[西陣 (企業)|西陣]]より発売された「[[CR花満開]]」は5万台以上のヒットを記録(※西陣は途中で販売を自粛している)し、CR機が現金機にとって代わる大きなきっかけとなった。「CR花満開」はそれまでのCR確変とは大きく異なり、大当たり確率の変動に加え、保留玉連チャン、数珠繋ぎ、通常時における電チュー長時間開放など何でもありのスペックで、激しい爆発力が特徴であった。その後も、連チャン率80%を誇る「[[CRビッキーチャンス]]」を筆頭に過激台が次々と登場するようになり、今度は射幸性の高さが社会問題となった。
 
CR機を語る上で避けて通れないのが「変造カード」問題である。これは使用済みプリペイドカードの磁気情報を改ざんし、再度遊技できるように変造したカードのことで、都会のパチンコ街では外国人などによる変造カードの露商風景が日常的に見られた時期もあった。当初はパチンコ店もこうした偽造カードの摘発に力を注いでいたが、そのうちパチンコ店自らがそうしたカードを使って売上を増やす犯罪が増え、大きな問題となる。
70,293

回編集