「ブダペスト包囲戦」の版間の差分

m
'''ブダペスト包囲戦''は[[ハンガリー]]の首都[[ブダペスト]]の包囲戦であり、[[第二次世界大戦]]終末時、[[赤軍|ソビエト赤軍]]による[[ブダペスト攻勢]]によって行われた戦いのひとつである。1944年12月29日、ハンガリー軍、[[ドイツ国防軍]]によって防衛されたブダペストがソビエト赤軍、ルーマニア軍によって包囲された時、この包囲戦が始まり、1945年[[2月13日]]、守備隊の[[無条件降伏]]をもって終了した。ブダペストの包囲はソビエト赤軍第2ウクライナ方面軍(司令官[[ロディオン・マリノフスキー]])の一部が行い、ドイツ国防軍、[[武装親衛隊]]、ハンガリー軍の雑多な部隊がソビエト赤軍に対し配置された。ブダペスト包囲戦は第二次世界大戦で最も血の流れた戦いのひとつであった。
 
== 包囲戦開始までのハンガリー ==
== 状況 ==
1944[[1941まで]]からハンガリーはドイツと共にソ連との戦争を続行していたとはいえ、戦線に敗北の様相が濃くなるにつれ、その協力度は「気の乗らない衛星国」のそれになりつつあった。1944年春までには戦況を絶望視したハンガリー政府首脳は[[連合国 (第二次世界大戦)|連合国]]との[[休戦]]を望んでいたが、ドイツは[[バラトン湖]]周囲にあるハンガリー油田を必要としており、またハンガリーに居住するユダヤ人の[[ホロコースト|徹底的な殲滅を計画]]、[[3月19日]]、ドイツ軍は[[マルガレーテ作戦#マルガレーテI|マルガレーテ作戦]]を発動、ドイツ軍は部隊をハンガリーへ侵入させ親独派の[[ストーヤイ・デメ]]政権を樹立させる。しかしハンガリー[[摂政]]の座を保った[[ホルティ・ミクローシュ]]提督はなお休戦を試みようとしていた。
 
1944年[[6月]]末、[[バグラチオン作戦]]成功とその後の進撃によりソ連軍は[[バルカン半島]]に侵入してきた。1944年[[10月]]、ホルティは連合軍と和平について交渉する機会をつかんだ。しかしドイツ側にこのことが露見してしまい、[[10月16日]]ドイツ軍は[[パンツァーファウスト作戦]]を発動、ホルティを摂政から退任させ、親ナチの[[矢十字党]]とその指導者[[サーラシ・フェレンツ]]がハンガリーを掌握することとなった。
 
== 包囲 ==
匿名利用者