「IA-64」の版間の差分

→‎採用: 当記事IA-64はアーキテクチャの記事なので、Itanium 2#採用へ移動
(→‎採用: SLES, HP-UXを追加)
(→‎採用: 当記事IA-64はアーキテクチャの記事なので、Itanium 2#採用へ移動)
 
== 採用 ==
{{main|Itanium 2#採用}}
[[Image:Itanium Sales Forecasts edit.png|thumb|right|350px|Itaniumサーバーの販売予測の歴史(水色・青・緑が各年時点での予測、赤が実績)<ref name = "IDC_chart">{{cite web
| url = http://news.com.com/2300-1006_3-5873647-1.html
| title = Mining Itanium
| accessdate = 2007-03-19
| last =
| first =
| authorlink =
| date = December 7, 2005
| work = CNet News
}}</ref><ref name="IDC 2006">{{cite web
| url = http://news.com.com/Analyst+firm+offers+rosy+view+of+Itanium/2100-1006_3-6038932.html
| title = Analyst firm offers rosy view of Itanium
| accessdate = 2007-03-20
| last = Shankland
| first = Stephen
| authorlink =
| date = February 14, 2006
| work = [[CNet]] News
}}</ref>]]
 
IA-64(Itanium, Itanium-2)は[[64ビット]]のハイエンドのマイクロプロセッサとして登場し、その競合製品は当初はMIPSやAlphaなどを含めた各社[[RISC]]プロセッサであったが、現在は[[IBM]]の[[POWER]]、[[サン・マイクロシステムズ]]および[[富士通]]の[[SPARC|UltraSPARC]]、そして[[アドバンスト・マイクロ・デバイセズ|AMD]]を含めた[[x64]]である。
 
[[2001年]]の初代Itaniumリリース時は、各社が従来の[[x86]]や[[RISC]]と平行して採用製品を発表したが、開発の遅れや価格性能比など課題もあり、[[2005年]]頃より撤退するベンダーが続いている。この結果、各社独自の[[メインフレーム]]や[[オフィスコンピュータ]]などの代替需要の比率が高まっている。また2005年には当初よりインテルと共同開発を続けていたHPが、Itaniumの設計から撤退した。
 
[[オペレーティングシステム]]も、[[マイクロソフト]]は[[2005年]]にWindows XP Professional 64-bit Itanium Edition の販売を終了して x64 Edition を販売開始し、[[2010年]]4月には残るサーバー製品である Windows Server も今後のサポート中止を表明した。[[レッドハット]]は[[2009年]]に次期RHEL6ではサポートしない事を表明した。
 
{|class="wikitable"
|+主ベンダーのIA-64(Itanium)の採用状況
|-
!社名||採用年||撤退</br>表明年||主な製品||備考
|-
|[[コンパック]] ||2001 ||2001 ||[[:en:Proliant|Proliant]] 590 || Alphaからの移行計画は中断<ref>[http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/USNEWS/20010626/1/ 米コンパックがAlphaマシンをついに断念,サーバーは米インテル製で染める]</ref>
|-
|[[IBM]] ||2001 ||2005 ||[[System x|xSeries]] 440, 455 || IA-32後継は[[Xeon]]に変更<ref>[http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20080957,00.htm IBM、Itaniumプロセッサを見限る--新チップセットはXeonのみ対応]</ref>。[[Project Monterey]]は中断。
|-
|[[Dell]] ||2001 ||2005 ||[[:en:Dell PowerEdge|PowerEdge]] 7250 || <ref>[http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0509/16/news057.html Dell、Itaniumサーバから撤退へ]</ref>
|-
|[[ユニシス]] ||2002 ||2009||[[:en:ES7000|ES7000]] || Xeonへ移行<ref>[http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20388612,00.htm 米ユニシス、インテルの「Itanium」を見限る--「Xeon」の優位性を強調]</ref>
|-
|[[ヒューレット・パッカード|HP]] ||2001 ||- ||[[HP Integrity|Integrity]] ([[HP-UX]])</BR>[[HP Integrity NonStop|Integrity NonStop]] (NonStop OS)||2004年 Itaniumの設計から撤退、同年 Itaniumワークステーションから撤退<ref>[http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0409/25/news007.html HP、Itanium搭載ワークステーション打ち切り]</ref>。
|-
|[[シリコングラフィックス|SGI]] ||2001 ||- ||[[Altix]] 4700, 450 (Linux) ||
|-
|[[日立製作所|日立]] ||2001 ||- ||HA8500 (HP-UX)</BR>BladeSymphony 1000 (HP-UX、他)||
|-
|[[Bull]] ||2002 ||- ||NovaScale ||
|-
|[[日本電気|NEC]] ||2002 ||- ||NX7700i (HP-UX)</br>Express5800/1000 (Windows Server)</br>TX7 (Linux)</BR>ACOS i-PX9000 ([[ACOS-4]])||
|-
|[[富士通]] ||2005 ||2010 ||PRIMEQUEST ||[[Xeon]]へ移行表明<ref>[http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100331/346499/ 富士通がハイエンドサーバーPRIMEQUESTの新版、CPUをItaniumからXeonへ変更]</ref>
|-
|rowspan="2"|[[マイクロソフト]] ||2001 ||2005 ||[[Microsoft Windows XP|Windows XP]]||Vistaよりサポートせず<ref>[http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20079933,00.htm インテル、Itaniumで悲喜こもごも(ワークステーション向けWindowsのItanium 2対応版の開発を中止)]</ref>
|-
|2002 ||2010||[[Windows Server]]||[[Microsoft Windows Server 2008|Windows Server 2008]]まで
|-
|[[レッドハット]] ||2001 ||2009 ||[[Red Hat Enterprise Linux|RHEL]]4,5||RHEL5まで<ref>[http://journal.mycom.co.jp/news/2009/12/24/011/index.html Red Hat、バージョン6でItaniumサポート打ち切り]</ref>
|-
|[[ノベル (企業)|ノベル]]([[SUSE]])||2001||-||SUSE Linux Enterprise Server(SLES)||
|-
|[[サン・マイクロシステムズ|サン]]||-||-||-||[[Solaris]]のItanium版はリリースせず中断<ref>[http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0609/26/news043.html SPARC/Solarisの置き換え狙うItanium連合]</ref>
|}
 
== 参照 ==