「パスワード (コンピュータゲーム)」の版間の差分

編集の要約なし
 
== パスワード誕生の歴史的背景 ==
パスワードを最初に採用したのは[[1985年]]8月に発売された[[アクションロールプレイングゲーム]]の原典である『[[ハイドライド]]』([[T&E SOFT]])[[MSX]]版の[[ロムカセット|ROMカセット]]からである。「'''パスワード'''」という名称が初めて名付けられたのも同作品である。
 
当初、1985年3月に、あまり普及していなかった[[コンパクトカセット|カセットテープ]]([[データレコーダ]])用でMSX版の『ハイドライド』を発売していた。当時カセットテープ用のソフトを動かすには[[メインメモリ]]が64KB(32KB(キロバイト)以上必要だったのだが、最も普及していたMSXのメインメモリは最も少ない機種で8KB、低価格帯の機種では16KBしかなく、ROMカセット用のソフトしか動かすことができなかった。ROMカセットでは[[Static Random Access Memory|SRAM]]を使ったバッテリーバックアップしか方法が無かったのだが、当時の状況ではカセットにSRAMを搭載すると価格が極端に高価になるため採用できなかった。
 
しかし、当時のユーザーにはそのような専門的知識は無く、誕生したばかりのアクションロールプレイングゲームを遊んでみたい思いから、T&E SOFTにはROMカセット版の『ハイドライド』を発売してほしいという投書が毎日のように送られていた。そこでT&E SOFTでは、それまで他の[[ゲームメーカー]]が行わなかった、「バッテリーバックアップを使わない新しい記録方法を発明する」ことに挑戦した。こうして考案されたのが、パスワードによって進行状況を記録する方式であった。
 
技術的には「コロンブスの卵」的な物だったらしく、翌年には[[エニックス]](当時)の[[ファミリーコンピュータ]](ファミコン)用ソフト『[[ドラゴンクエスト]]』でも使われている。同作より前に発売されていたエニックスのファミコンソフト『[[ポートピア連続殺人事件]]』では、パスワードどころか記録方法自体が無かったため、『ドラゴンクエスト』ではゲームの途中から続きができるようにするべく、パスワードが採用された。
 
パスワードの忘却を防ぐために紙にパスワードを記入して保管することがあるが、テレビゲームに関して無関心無理解な年齢層が
パスワードの忘却を防ぐために紙にパスワードを記入して保管することがあるが、テレビゲームに関して無関心無理解な年齢層が偶然パスワードを記入した紙を見つけた場合、「テレビゲームのやり過ぎで頭がおかしくなってしまった。」と本気で心配し、ただちにテレビゲーム機を取り上げることもあったという{{要出典}}。
ただちにテレビゲーム機を取り上げることもあったという。
 
以後も多くのゲームがパスワードを採用したが、中にはプレイ内容に一部記録できないものがあったり、50文字を超えるものもあるなど非常にストレスを感じるほど長かったり、フォント次第では文字が判別しにくかったり(「ぬ」と「め」、「ね」と「れ」と「わ」等)、少々間違えていてもパスワードを受け付けるがプレイ内容の異常により後で取り返しのつかないことになることがあるなど、開発者やメーカーによってその完成度はかなり異なった。
匿名利用者