「東条貞」の版間の差分

参考文献追加、加筆
(→‎生涯: 政治家としての業績を加筆)
(参考文献追加、加筆)
}}
 
'''東条 貞'''(とうじょう てい、[[1885年]][[2月9日]] - [[1950年]][[11月29日]])は、[[日本]]の[[ジャーナリスト]]・[[政治家]]、[[国会議員|衆議院議員]](5期)。本名は「とうじょう ただし」と読む。なお名前は旧字体で「'''東條 貞'''」と表記されることもある
 
== 生涯 ==
[[愛媛県]][[松山市]]出身。[[1906年]][[北海道]]に渡った。[[室蘭市|室蘭]]で室蘭タイムス(のち室蘭毎日新聞(現・を経て[[室蘭民報]]となる)の記者となり、その後[[北見市|野付牛(現・北見市)]]で北見実業新聞(のちの[[網走新聞]])の記者を、[[滝川市|滝川]]で北海中央新聞記者を務め。[[1913年]][[網走市|網走]]に移住、[[網走新聞]]の記者となる。[[1918年]]網走町会議員に当選した。[[1920年]]網走新聞(戦後の同名新聞とは無関係)を創刊するが3年後に廃刊した<ref>[http://okhotsk.vis.ne.jp/rekishi/taisyo.html 網走市歴史年表 大正時代]</ref>。[[1924年]]には北海道会議員に当選した。1928年の[[普通選挙]]による[[第16回衆議院議員総選挙|最初の総選挙]]で旧北海道5区から[[立憲政友会]]公認で立候補したが落選、[[1930年]]の[[第17回衆議院議員総選挙]]で初当選、中央政界に入った。初当選から2年後の[[第18回衆議院議員総選挙]]では出馬自体を辞退したが<ref>[http://okhotsk.vis.ne.jp/rekishi/syowa.html 網走市歴史年表 昭和時代(戦前・戦中)]</ref>、[[1936年]]の[[第19回衆議院議員総選挙]]に当選し政界に復帰した。その後補欠選挙も含め連続4回当選。[[拓務省|拓務大臣]][[秘書官]]・[[逓信省|逓信]][[参与官]]を歴任した。
 
[[1939年]]の政友会分裂に際しては[[久原房之助]]や[[鳩山一郎]]とともに正統派に所属した。政友会正統派内は鳩山・[[三土忠造]]・[[安藤正純]]らいわゆる「鳩山派」が多かったが東条は久原・[[岡田忠彦]]・[[津雲国利]]・[[肥田琢司]]・[[西村茂生]]・[[松浦伊平]]らとともに「久原派」とみなされた。政党解消後は[[翼賛議員同盟]]に所属、[[1942年]]の[[第21回衆議院議員総選挙]]には[[大政翼賛会|翼賛政治体制協議会]]の推薦候補として立候補し当選している。その後は[[翼賛政治会]]・[[大日本政治会]]に所属した。
 
戦後は旧政友会正統派の大半を占める鳩山派の議員が結党に参加した[[日本自由党 (1945-1948)|日本自由党]]にも、[[大日本政治会]]を母胎としながらも政友会正統派の議員が鳩山派・久原派ともに殆ど結党に参加しなかった<ref>政友会分裂時に政友会正統派に所属した議員で戦後進歩党結党に参加した者は[[猪野毛利栄]]・[[中井一夫]]・[[西川貞一]]・[[依光好秋]]・[[高畠亀太郎]]・[[三善信房]]・[[綾部健太郎]]の7名のみである。なお進歩党結党には参加しなかったものの、三土忠造も戦後は進歩党と連携し、進歩党が与党となった[[幣原内閣]]にも入閣した。</ref>[[日本進歩党]]にも参加せず<ref>[http://www.furuyatetuo.com/bunken/b/49_88,89gikai/02.html 第八八、八九回帝国議会 貴族院・衆議院解説]</ref>、岡田・津雲・肥田・西村・松浦ら旧政友会正統派内の他の久原派の議員とともに院内会派・無所属倶楽部の結成に参加した<ref>[[中谷武世]] 著 『戦時議会史』 民族と政治社、{{和暦|1974}}、538頁 - 539頁</ref>。だが戦時中の[[翼賛選挙]]で推薦候補だったため[[公職追放]]され、政界から[[引退]]した。
 
== 参考文献 ==
* [[日外アソシエーツ]] 編 『政治家人名事典』 日外アソシエーツ、[[1990年]]
* [[北海道新聞社]] 編 『北海道歴史人物辞典』 北海道新聞社、[[1993年]]
 
匿名利用者