「鎮台」の版間の差分

m (→‎略史: 修正し残し)
=== 略史 ===
:*''[[慶応]]4年(明治元年)[[2月20日 (旧暦)|2月20日]]([[1868年]][[3月13日]]) - [[明治政府]]直属の[[軍隊]]として[[御親兵]]を創設。''
*[[明治]]4年[[4月23日 (旧暦)|4月23日]]([[1871年]][[6月10日]]) - [[東山道]]鎮台]](本営[[石巻市|石巻]]、分営[[福島市|福島]]・[[盛岡市|盛岡]])、[[西海道]]鎮台]](本営[[小倉市|小倉]]、分営[[博多]]・[[日田市|日田]])設置<ref name=TF>[http://www.furuyatetuo.com/bunken/b/54_hohei9/1_1.html 『新修 大津市史』5 近代 第1章 近代大津の出発]([[京都大学人文科学研究所]]元教授 [[古屋哲夫]]著 1982年7月)</ref>。
:*''明治4年[[7月14日 (旧暦)|7月14日]](1871年[[8月29日]]) - [[廃藩置県]]。これにより、全国が[[明治政府]]の直轄となる。''
*明治4年[[8月20日 (旧暦)|8月20日]](1871年[[10月4日]]) - 東山道鎮台、西海道鎮台を廃止。[[東北鎮台]]([[仙台市|仙台]])、[[東京]]鎮台、[[大阪]]鎮台、[[鎮西]]鎮台([[熊本市|熊本]])の4鎮台を置く<ref name=TF/>。
鎮台は[[フランス]]陸軍に範をとった陸軍編成である。当初日本における陸軍の役割は、外征ではなく、[[戊辰戦争]]後の国内の[[治安]]維持であった。そのため、平時の編成としては鎮台のみ置くこととして、戦時には機動性に欠ける鎮台を[[旅団]](明治18年以降は[[師団]])に臨時改組することにした。
 
まず、[[太政官]]が将来全国に鎮台を置くことを明らかにした上で、[[1871年]][[6月10日]]([[明治]]4年[[4月23日 (旧暦)|4月23日]])に現在の[[東北地方]]に[[東山道]]鎮台]](本営[[石巻市|石巻]]、分営[[福島市|福島]]・[[盛岡市|盛岡]])、現在の[[九州地方]]に[[西海道]]鎮台]](本営[[小倉市|小倉]]、分営[[博多]]・[[日田市|日田]])の2鎮台を設置することを布告した<ref name=TF/>。しかし、実際に部隊編成を行ったのは西海道鎮台のみであった<ref name=TF/>。同年[[8月29日]](明治4年[[7月14日 (旧暦)|7月14日]])の[[廃藩置県]]により全国が[[明治政府]]の直轄となったが、同時に[[兵部省]]職員令が出され、[[北海道]]・石巻・[[東京]]・[[大阪]]・小倉の5鎮台制の構想が示された<ref name=TF/>。しかし、他の地方と比べ、[[和人]]の人口が極端に少ない北海道では鎮台の設置が後回しとなった。結果、同年[[10月4日]](明治4年[[8月20日 (旧暦)|8月20日]])に旧2鎮台を廃止し、[[東北鎮台]]([[仙台市|仙台]])、[[東京]]鎮台、[[大阪]]鎮台、[[鎮西]]鎮台([[熊本市|熊本]])の4鎮台が設置された<ref name=TF/>。このときの鎮台は、[[御親兵]]から転じた者と、[[士族]]からの志願者で編成された。残る各藩常備兵は[[武装解除]]されることになる<ref name=TF/>。
 
[[1873年]]に2つの鎮台が増設され、[[北海道]]を除く地域を、6[[軍管区]]、14[[師管区]]に分けた。軍管区には鎮台、師団管区には営所が置かれた。新たに設けられたのは名古屋鎮台と広島鎮台で、大阪鎮台から[[北陸地方]]が名古屋鎮台に、[[中国・四国地方]]が広島鎮台にそれぞれ移管された。この年[[徴兵令]]施行とともに、徴兵された兵士が鎮台に入隊するようになった。北海道には徴兵令が施行されず、かわりに[[屯田兵]]が置かれた。
27,623

回編集