「同交会」の版間の差分

編集の要約なし
'''同交会'''(どうこうかい)は、[[衆議院]]にかつて存在した[[院内会派]]。代表者はいずれも[[鳩山一郎]]。
 
== 同交会 (大正時代) ==
[[1926年]][[1月15日]] - [[2月12日]]に存在した会派。[[1924年]]の[[立憲政友会]]分裂の際に鳩山一郎は[[床次竹二郎]]の[[政友本党]]結成に参加するが、[[護憲三派]]の崩壊後、床次が政友会を孤立させるために敵対関係にあった[[憲政党]]との連合に動いた事を鳩山は強く非難し、[[1925年]][[12月29日]]に政友本党を離党して、翌年1月15日に鳩山を代表として離党者26名で結成された。1ヶ月後の2月12日に1名除いて立憲政友会に復党した。
 
== 同交会 (昭和時代) ==
[[1941年]][[11月10日]] - [[1942年]][[5月14日]]に存在した会派。[[翼賛議員同盟]]に不満を抱いた鳩山一郎が、[[尾崎行雄]]・[[片山哲]]・[[安藤正純]]・[[芦田均]]・[[植原悦二郎]]・[[北昤吉]]・[[川崎克]]・[[星島二郎]]・[[世耕弘一]]・[[大野伴睦]]・[[林譲治 (政治家)|林譲治]]・[[宮脇長吉]]・[[若宮貞夫]]・[[大石倫治]]・[[工藤鉄男]]・[[木檜三四郎]]・[[鈴木文治]]らとともに会派結成を画策、鳩山を会の代表として離脱者37名で結成した。だが、翌年の[[第21回衆議院議員総選挙]]後、新たに発足した[[翼賛政治会]]へと強制的に吸収統合された。
 
37名中33名は[[反軍演説]]による[[斎藤隆夫]][[除名]]に反対または[[棄権]]([[欠席]])している。
 
戦後、そのメンバーの多数が[[自由党#日本自由党 (日本 1945-1948, 1950-1955)|日本自由党]]結成時に創設メンバーとして名前を連ねている。また、片山、芦田、鳩山の3人は戦後首相に、林、大野、星島の3人は戦後[[衆議院議長]]になっている。
 
{{DEFAULTSORT:とうこうかい}}
匿名利用者