「井上眞一 (バスケットボール)」の版間の差分

その後、守山中学校に異動、同校女子バスケットボール部で[[1980年]]より[[全国中学校バスケットボール大会|全中]]8連覇のうち6連覇まで導いた。
 
[[1986年]]、当時既に全国大会の常連となっで上位に進出していた名古屋短大附属高校(現・桜花学園高校)の監督にプロコーチとして就任。1年目で[[全国高等学校総合体育大会バスケットボール競技大会|インターハイ]]初優勝となり、以来インターハイ17回、[[全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会|ウィンターカップ]]17回、[[国民体育大会バスケットボール競技|国体]]15回の優勝を決めている。
 
一方、1988年から2001年までは、全日本ジュニア(現U-18)のヘッドコーチとして国際大会でも指揮を執っており、高校女子バスケの名将として君臨し続けている。
匿名利用者