「宣武帝」の版間の差分

編集の要約なし
m
|注釈 =
}}
'''宣武帝'''(せんぶてい)は[[南北朝時代 (中国)|北朝]][[北魏]]の第8代[[皇帝]]。
 
[[皇太子]]だった長兄の[[元恂]]は、父・[[孝文帝]]が推し進める漢化政策に反対し、反乱を企てようとしたため、皇太子の地位を廃された挙句に父帝によって誅殺された、あるいは自殺した。そのため元恪が代わりに皇太子に立てられ、[[499年]]に孝文帝の死によって17歳で即位した。当初は、[[宗室]]で叔父の咸陽王・[[元キ|元禧]]([[献文帝]]の次子で孝文帝の次弟)、[[尚書令]]の[[王粛 (南北朝)|王粛]]らの補佐を受けたという。
 
在世中、しばしば[[梁 (南朝)|梁]]を攻撃して[[四川省|四川]]方面に領土を拡大し、北方では[[柔然]]に大打撃を与えた。だが、熱心な[[仏教]]信者である故に、次第に仏教信仰に溺れた。[[501年]](景明二年)、国政を側近や[[外戚]]の[[高肇]]に委ねて親政を始めた。やがて宗室を遠ざけたという。[[508年]]に高肇の進言で、皇族の長老である叔父の元禧とその末弟の彭城王・[[元キョウ|元勰]]、また異母弟の京兆王・[[元愉]]ら多くの皇族諸王を誅殺した。
匿名利用者