「加登豊」の版間の差分

編集の要約なし
m
'''加登 豊'''(かと ゆたか,[[1953年]] - )は,日本の[[会計学者]]。[[神戸大学]][[教授]]。[[神戸大学]][[経営学]][[研究科]]長兼[[経営学部]]長(2008年4月-2010年3月(予定))。[[兵庫県]][[西宮市]]生まれ。神戸大学における管理会計学・原価計算論講座の[[溝口一雄]]の門下であり,兄弟子にあたる[[小林哲夫 (会計学)|小林哲夫]]の後継として講座を引き継ぐ。同門同期に[[浅田孝幸]]([[大阪大学]][[経済学研究科]]),[[小倉昇]]([[筑波大学]][[ビジネス科学研究科]]),[[中田範夫]]([[山口大学]][[経済学部]])など。なお,加登豊の後継は自身の門下生の[[梶原武久]]。
 
専攻は[[管理会計]]・[[原価計算]]。[[博士]]([[経営学]])(神戸大学,[[1992年]])。前[[神戸大学]][[経営学]][[研究科]]長兼[[経営学部]]長(2008年4月-2010年3月)。前[[日本原価計算研究学会]]学会長(2007年-2009年)。2006年-2008年度の[[公認会計士]]試験問題作成委員。
 
 
*[[1997年]] 神戸大学経営学部教授
*[[1999年]] 神戸大学大学院経営学研究科教授
*[[2008年]] 神戸大学大学院経営学研究科研究科長(経営学部長),(~2010年3月まで
 
==博士課程後期課程を修了した主な門下生==
匿名利用者