「大韓帝国」の版間の差分

編集の要約なし
[[1899年]](明治32年)には清と韓清通商条約を結び、[[独立協会]]を弾圧して、立法機関である校正所において国家基本法である9ヶ条の「大韓国国制」を制定、近代化を目指す[[:ko:광무개혁|光武改革]]を推進し土地調査や鉱山開発など殖産興業政策を実施するが、財源不足や諸外国の外圧により利権を奪われるなどして挫折する。
 
[[1905年]](明治38年)、[[第二次日韓協約]]で[[統監府|韓国統監府]]が設けられて日本の[[保護国]]となった。この時、[[イギリス]]が大韓帝国の[[永世中立国]]化を提案した。{{要出典}}
 
=== 韓国併合と併合後 ===
**8月 [[第一次日韓協約]]が成立する。
*[[1905年]](明治38年) [[第二次日韓協約]]が成立する。
*1906年(明治39年) '''[[統監府|韓国統監府]]'''が置かれる。
*[[1907年]](明治40年)
**6月 '''[[ハーグ密使事件]]'''起こる。
匿名利用者