「ルートヴィヒ4世 (プファルツ選帝侯)」の版間の差分

編集の要約なし
'''ルートヴィヒ4世'''(Ludwig IV, [[1424年]][[1月1日]] - [[1449年]][[8月13日]])は、[[ライン宮中伯|プファルツ選帝侯]](在位:[[1436年]] - [[1449年]])。[[ルートヴィヒ3世 (プファルツ選帝侯)|ルートヴィヒ3世]]と2番目の妃メヒティルド(マティルデ)の子。父の死により12歳で選帝侯位を継承し、1442年まで父の弟プファルツ=モスバッハ公オットー1世の後見下にあった。1444年に皇帝軍司令官として[[アルマニャック派]]の侵攻を撃退した
 
父の死により12歳で選帝侯位を継承し、[[1442年]]まで父の弟プファルツ=モスバッハ公[[オットー1世 (プファルツ=モスバッハ公)|オットー1世]]の後見下にあった。[[1444年]]に皇帝軍司令官として[[アルマニャック派]]の侵攻を撃退した。
1445年に母の遠縁である[[サヴォイア公国|サヴォイア公]][[フェリクス5世 (対立教皇)|アメデーオ8世]]の娘で[[ルイ3世・ダンジュー|アンジュー公ルイ3世]]の未亡人だったマルガレーテと結婚し、一子[[フィリップ (プファルツ選帝侯)|フィリップ]]をもうけた。
 
[[1445年]]に母の遠縁である[[サヴォイア公国|サヴォイア公]][[フェリクス5世 (対立教皇)|アメデーオ8世]]の娘で[[ルイ3世・ダンジュー|アンジュー公ルイ3世]]の未亡人だったマルガレーテと結婚し、一子[[フィリップ (プファルツ選帝侯)|フィリップ]]をもうけた。
 
1449年に[[ヴォルムス]]にて25歳で死去し、[[ハイデルベルク]]に葬られた。選帝侯位は弟[[フリードリヒ1世 (プファルツ選帝侯)|フリードリヒ]]が横領した。
匿名利用者