「HTML5」の版間の差分

== 概要 ==
HTML5は[[プロプライエタリ]]な[[プラグイン]]として提供されている[[リッチインターネットアプリケーション]]のプラットフォーム([[Adobe Flash]]・[[Microsoft Silverlight]]・[[JavaFX]]等)を置き換えることを標榜しており、[[ウェブアプリケーション]]のプラットフォームとしての機能やマルチメディア要素が実装されている。そのため過去にはHTML5が普及すればAdobe Flashなどのプラグインは不要になるという意見もあった<ref>[http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1002/03/news057.html AdobeのCTOがFlash擁護 「HTML5があればFlashは不要」論に反論]、[[ITmedia]]、2010年2月2日</ref>。[[Google]]はHTML5への移行を進めるため[[Gears (ソフトウェア)|Gears]]の開発を終了すると発表<ref>[http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1002/22/news016.html Google、HTML5へのシフトで「Gears」終了へ]、ITmedia、2010年2月22日</ref>しHTML5へのシフトを進めると思われたが、2009年10月に[[Google]]は[[Adobe]]との提携強化、及びOpen Screen Projectへの参加を表明した<ref>[http://googleblog.blogspot.com/2009/10/teaming-up-with-adobe-and-open-screen.html Teaming up with Adobe and the Open Screen Project]、Official Google Blog、2009年10月4日</ref>。
更に2010年3月30日には[[Adobe Flash]]プラグインを統合した[[Google Chrome]] を公開した。<br>プラグインAPIの開発及び[[Adobe Flash]]の統合をさらに強化していく計画を公式ブログで表明している。<ref>[http://blog.chromium.org/2010/03/bringing-improved-support-for-adobe.html TBringing improved support for Adobe Flash Player to Google Chrome]、The Chromium Blog、2010年3月30日</ref><BR>
 
[[2008年]]以降に発表された[[ウェブブラウザ]]の多くはHTML5に段階的に対応している。[[Google Chrome]] 3.0以降、[[Safari]] 3.1以降、[[Mozilla Firefox|Firefox]] 3.5以降、[[Opera]] 10.5、[[Internet Explorer]] 9などであり、主にaudio要素・video要素・[[canvas要素]]への対応が進んでいる(2010年3月現在)。
 
匿名利用者