「近衛兵 (イギリス)」の版間の差分

=== グレナディアガーズ ===
[[File:Grenadier Guards Band.jpg|right|thumb|200px|グレナディアガーズ連隊軍楽隊]]
'''近衛擲弾兵連隊'''或は'''擲弾兵近衛連隊'''と訳される場合もある。グレナディアガーズ([[:en:Grenadier Guards|Grenadier Guards]])の起源は[[清教徒革命|ピューリタン革命]]により大陸へ亡命中のチャールズ皇太子(後の[[チャールズ2世 (イングランド王)|チャールズ2世]])の護衛隊として作られた2つの連隊、1656年に[[ブルッヘ]]で創設されたロード・ウェントワース近衛歩兵連隊([[:en:Lord Wentworth's Regiment|Lord Wentworth's Regiment Foot Guards]]/Royal Regiment of Guards)と1660創立のジョン・ラッセル近衛歩兵連隊([[:en:John Russell's Regiment of Guards|John Russell's Regiment ofFoot Guards]]/King's Royal Regiment of Guards)であり、1665年に統合されて近衛歩兵第一連隊(1st Regiment of Foot Guards)となった。[[ワーテルローの戦い]]でフランスのグレナディア([[擲弾兵]])と勇敢に戦ったことから、1815年に第一又は[[擲弾兵]]近衛歩兵連隊([[:en:Grenadier Guards|1st or Grenadier Regiment of Foot Guards]])と改名され、擲弾兵の象徴であったベアスキン(熊皮帽)を着用するようになった。そして、ベアスキンはコールドストリームガーズとスコッツガーズでも1831年から着用されるようになり、現在では近衛歩兵の象徴となっている。
 
1993年までは第1大隊の3個中隊のうち交代で1個中隊が[[バッキンガム宮殿]]や[[ウィンザー城]]の衛兵警備を実施し、残りの2個中隊は訓練や機甲旅団に派遣され、ウォリアー装甲車による[[機械化歩兵|装甲歩兵中隊]]または[[チャレンジャー (戦車)|チャレンジャー戦車]]による戦車中隊の任務に就いていた。
13,588

回編集