「土佐藩」の版間の差分

 
== 藩史 ==
土佐藩の領域は[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]末期には[[長宗我部氏]]がていたが、[[長宗我部盛親]]は[[慶長]]5年([[1600年]])の[[関ヶ原の戦い]]において[[長宗我部盛親]]は西軍に与し改易となった。この合戦において[[豊臣徳川氏]]恩顧の[[大名]]でに味方した[[遠江国]]掛川(現在の[[静岡県|遠江]][[掛川]]付近)を治めていた主・[[山内一豊]]は東軍([[徳川家康]]方)が、新た味方したため大幅な加増を受けて、土佐24920008000石を与えられこの地を治めることとなった。以、[[明治]]時代初頭まで[[土佐山内氏|山内氏]]が治めた。
 
土佐には当初、'''「[[一領具足]]」'''と呼ばれた長宗我部氏旧臣が存在しており彼らは藩政当初より新領主山内氏に馴染まず反乱を繰り返したため、山内氏は藩要衝に重臣を配して反乱に備えた。[[四万十市|村]]は彼ら[[山内康豊]]入れず高知城下始め、[[佐川町|佐川]]に深尾氏、[[宿毛市|宿毛]]住む山内氏(安東氏)、[[四万十町|窪川]]に山内氏(林氏)、[[本山町|本山]]に山内氏、[[安芸市|安芸]]に五藤氏を配している。藩政武士中枢は山内家家臣(上士)で独占した結果藩内は、上士の下位に位置づけられた長宗我部氏旧臣([[郷士]])の二重構造が[[幕末]]まで続いた。
 
当初、一豊は長宗我部氏の旧城である海沿いの[[浦戸城]]に入城したが、ここは[[城下町]]を開くには狭かったため、現在の高知市中心部に当たる地に高知城と城下町の建設を行った。藩政が確立したのは2代・忠義の時代である。忠義は[[野中兼山]]を登用し[[新田]]開発などを行ったが、兼山はその強引なやり方から政敵の恨みを買い失脚した。
 
藩財政は[[江戸時代]]中期頃までは比較的安定的に推移したが、[[宝暦]]期([[1751年]] - [[1764年]])以降、[[一揆]]、農民の他領への逃散など藩政には動揺が見みられた。9代・豊雍による質素倹約を基本とする藩政改革([[天明]]の改革)が行われ、藩政はやや立ち直った。更に13代・豊熈は「おこぜ組」と呼ばれる[[馬淵嘉平]]を中心とする改革派を起用して、藩政改革に乗り出したが失敗した。
 
幕末には、15代・[[山内容堂|豊信]](容堂)が登場した。彼は[[吉田東洋]]を起用し藩政改革を断行した。東洋は保守派門閥や郷士の反感を買い、安政の大獄で豊信が隠居すると[[武市瑞山]]を中心とした[[土佐勤王党]]により暗殺された。後に勤王党は実権を回復した容堂(豊信)の報復を受け、瑞山の切腹や党員が処刑されるなど弾圧解散された。なお、東洋の門下より[[後藤象二郎]]、乾退助(のちの[[板垣退助]])、[[岩崎弥太郎]]ら[[明治]]時代を代表する人物を輩出している。また、瑞山の知己で郷士である[[坂本龍馬]]や[[中岡慎太郎]]など優れた人材がこの藩より輩出された。坂本の案に始まり、後藤を通じて容堂から15代[[征夷大将軍|将軍]][[徳川慶喜]]へ献策された[[大政奉還]]により、[[江戸幕府]]の歴史が閉じられた。土佐藩言うまでも[[薩長土肥]]の一角をし、時代転換の大きな役割を演じた
9代・豊雍による質素倹約を基本とする藩政改革([[天明]]の改革)が行われ藩政はやや立ち直った。更に13代・豊熈は「おこぜ組」と呼ばれる[[馬淵嘉平]]を中心とする改革派を起用し藩政改革に乗り出したが失敗した。
 
[[明治]]4年([[1871年]])、[[廃藩置県]]により[[高知県]]となった。山内は明治17年([[1884年]])の[[華族|華族令]]により[[侯爵]]に列せられた。
幕末には、15代・[[山内容堂|豊信]](容堂)が登場した。彼は[[吉田東洋]]を起用し藩政改革を断行した。東洋は保守派門閥や郷士の反感を買い、安政の大獄で豊信が隠居すると[[武市瑞山]]を中心とした[[土佐勤王党]]により暗殺された。後に勤王党は実権を回復した容堂(豊信)の報復を受け、瑞山の切腹や党員が処刑されるなど弾圧・解散された。なお、東洋の門下より[[後藤象二郎]]、乾退助(のちの[[板垣退助]])、[[岩崎弥太郎]]ら[[明治]]時代を代表する人物を輩出している。また、瑞山の知己で郷士である[[坂本龍馬]]や[[中岡慎太郎]]など優れた人材がこの藩より輩出されたことは言うまでもない。
 
坂本龍馬の案に始まり、後藤象二郎を通じ容堂から15代[[征夷大将軍]]・[[徳川慶喜]]に勧告された[[大政奉還]]により、[[江戸幕府]]の歴史が閉じられた。土佐藩は[[薩長土肥]]の一角をなし、時代転換の大きな役割を演じた。
 
[[明治]]4年([[1871年]])廃藩置県により高知県となった。山内家は明治17年([[1884年]])の[[華族|華族令]]により[[侯爵]]に列せられた。
 
=== 土佐藩における郷士制度 ===
 
=== 土佐藩の石高 ===
[[16世紀]]末、[[太閤検地]]の際に長宗我部氏が届け出た土佐国の石高は9万8000石に過ぎなかった。山内一豊は土佐入国後に再度算定し、慶長10年([[1605年]])に20万2600石余りを算定して届け出た。
[[16世紀]]末、[[太閤検地]]の際に長宗我部氏が届け出た土佐国の石高は9万8000石に過ぎなかった。山内一豊は土佐入国後石高を算定し直し、慶長10年([[1605年]])に幕府に届け出た石高が20万2600石余りであった。その後[[元和 (日本)|元和]]元年([[1615年]])に[[阿波国|阿波]][[徳島藩]]が[[淡路国]]を加増されて17万石余から25万7000石となると、それに対抗したかのように25万7000余石を申告した。これは、本来石高を高く申告すると幕府による大工事などで供出する人夫の数が多くなるにもかかわらず、[[四国]]一の石高を持つ大名家であろうとした山内家中の見栄が原因である。ただし、幕府はこの山内家の申告石高を認めず、幕府からの朱印状の[[表高]]には、土佐藩の石高は20万2600石余のままであった。その後開発が進み、明治3年([[1870年]])の[[廃藩置県]]前には本田地高とほぼ同規模の新田があり、本・新田の合計は49万4000石余に達していた。なお、よく言われる24万2000石というのは宝永年間以降の武鑑などに基づく俗聞である<ref>ちなみに、[[承応]]4年([[1655年]])から[[寛文]]9年([[1669年]])の武鑑では20万2600石、寛文12年([[1672年]])から元禄15年([[1702年]])の武鑑では22万2000石余、[[宝永]]2年([[1705年]])以降から24万2000石となっている。なお、参考文献は『改定増補 大武鑑 上巻』(橋本博、名著刊行会)。仮に武鑑が正しいとした場合、寛文9年(1669年)から寛文12年(1672年)と元禄15年(1702年)から宝永元年(1704年)までの間に表高の改正されたことになると思われるが、上記記述の原典の性格上、改正はなかったものと思われる。</ref>。
 
[[元和 (日本)|元和]]元年([[1615年]])、[[阿波国|阿波]][[徳島藩]]が[[淡路国]]の加増によって[[表高]]が17万石余から25万7000石になると、土佐藩は対抗したかのように「25万7000余石」を申告する。これは、石高を高く申告すると、幕府による大工事などで大幅に負担が増えることなるにもかかわらず、[[四国]]一の大名であろうとした見栄が原因である。但し、幕府はこの申告を認めず、朱印状には従来のまま「20万2600石余」であった。その後、新田開発が進んだ結果、明治3年([[1870年]])の[[廃藩置県]]前には本田地高とほぼ同規模の新田があり、本・新田は計49万4000石余に達していたとされる。
 
[[16世紀]]末、[[太閤検地]]の際因み長宗我部氏が届け出た土佐国の石高は9「2480002000に過ぎなかった。山内一豊は土佐入国後石高を算定し直し、慶長10年([[1605年]])に幕府に届け出た石高が20万2600石余りであった。その後[[元和 (日本)|元和]]元年([[1615年]])に[[阿波国|阿波]][[徳島藩]]が[[淡路国]]を加増」と称されて17万石余から25万7000石となると、それに対抗したかのように25万7000余石を申告した。これは、本来石高を高く申告すると幕府による大工事などで供出す人夫の数多くなるにもかかわらず、[[四国]]一の石高を持つ大名家であろうとした山内家中の見栄が原因である。ただし幕府はの山内家の申告石高を認めず、幕府からの朱印状の[[表高]]には、土佐藩の石高は20万2600石余のままであった。その後開発が進み、明治3年([[1870年]])の[[廃藩置県]]前には本田地高とほぼ同規模の新田があり、本・新田の合計は49万4000石余に達していた。なお、よく言わる24万2000石というのは宝永年間以降の武鑑などに基づく俗聞である<ref>ちなみに、[[承応]]4年([[1655年]])から[[寛文]]9年([[1669年]])の武鑑では20万2600石、寛文12年([[1672年]])から元禄15年([[1702年]])の武鑑では22万2000石余、[[宝永]]2年([[1705年]])以降から24万2000石となっている。なお、参考文献は『改定増補 大武鑑 上巻』(橋本博、名著刊行会)。仮に武鑑が正しいとした場合、寛文9年(1669年)から寛文12年(1672年)と元禄15年(1702年)から宝永元年(1704年)までの間に表高の改正されたことになると思われるが、上記記述の原典の性格上、改正はなかったものと思われる。</ref>。
 
== 藩邸及び江戸での菩提寺 ==
匿名利用者