「山内可氏」の版間の差分

編集の要約なし
'''安東山内 可氏'''(やまうち よしうじ、生年不詳 - [[1629年]][[12月21日]]([[寛永]]6年[[11月7日 (旧暦)|11月7日]]))は[[土佐藩]]家老。[[土佐藩]]初期の宿毛領主。通称は太郎左衛門という。父は[[美濃国]]本巣郡北方領主の[[安藤郷氏]]。母は[[山内一豊]]の姉・通。初名は'''安藤可氏'''。妻は[[堀尾吉晴]]の養女、子は[[山内定氏]]
 
== 生涯 ==
{{和暦|1580}}、安東父・郷氏は兄[[安東友郷]]とともに[[織田信長]]に背き反旗を翻した結果、{{和暦|1581}}6月誅伐される。幼少の可氏は母とともに叔父聟の[[竹中重治]]を頼り、って本巣郡岩手に幽居する。{{和暦|1585}}旧8月、山内一豊が再度[[近江国|近江]][[長浜城 (近江国)|長浜城]]主となるに及び、長浜に赴いて扶助を受け、山内を拝する。
 
{{和暦|1601}}、山内一豊[[土佐国|土佐]]入国によりでは、[[幡多郡]][[宿毛市|宿毛]]に7000石を与えられ家老となる。{{和暦|1629}}11月7日死去。
 
== 備考 ==
*子孫には[[伊賀氏]]を称し、明治維新後[[男爵]]の爵位をられる。
*改名前は安藤可氏
*妻は[[堀尾吉晴]]の養女
*子は[[山内定氏]]
*子孫には伊賀氏を称し、明治維新後、[[男爵]]の爵位を受ける。
 
== 関連項目 ==
匿名利用者