「山内定氏」の版間の差分

 
== 人物・生涯 ==
[[寛永]]7年([[1630年]])父[[山内可氏]]の死去により家督と知行6800石を相続し宿毛第2代領主となる。寛永12年([[1635年]])2)、2代藩主[[山内忠義]]が江戸からの帰途に宿毛に上陸して屋敷に滞在し、太刀、黄金、馬代等を賜った。寛永16年([[1639年]])3)、3代藩主[[山内忠豊]]が宿毛を巡見した際に、刀等を賜った。正保3年(1646年)11月24日没。享年47。法名、高林院鉄叟栄心居士。家督は嫡男節氏が相続したている
 
正保3年(1646年)11月24日没。享年47。法名、高林院鉄叟栄心居士。家督は嫡男[[山内節氏|節氏]]が相続した。
 
== 親族 ==
匿名利用者