「杉元宣」の版間の差分

m
m
'''杉 元宣'''(すぎ もとのぶ、生年不詳 - [[天正]]17年[[3月6日 (旧暦)|3月6日]]([[1589年]]))は日本の[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]の武将。[[毛利氏]]配下。父は[[杉元相]]。妻は[[児玉元良]]の娘。養子に[[杉元常]]。通称・小次郎。初めは'''長相'''と名乗る。
== 生涯 ==
毛利氏家臣として、父と共に忠勤を励み、父が天正13年([[1585年]])に病死すると[[家督]]相続た後は[[杉氏]]の当主として活動していたなる
 
しかし、[[五奉行 (毛利氏)|五奉行]]の一人である児玉元良の12歳の娘と結婚したことで元宣の人生及び杉氏は暗転する。「古老物語」によると、実は妻は幼少の頃から主君である[[毛利輝元]]が目をつけて気に入りであり、元良の娘目当てで元良宅を度々訪問する始末で、婚礼事態が、そうした輝元の態度に快く思わない元良の意向によるものであった。
 
 
958

回編集