「夫馬基彦」の版間の差分

編集の要約なし
'''夫馬基彦'''(ふま もとひこ、[[1943年]] - )は[[小説家]]、[[連句]]人(俳号南斎)。[[愛知県]][[一宮市]]生まれ。
 
[[愛知県立旭丘高等学校]]卒後、[[早稲田大学]]第一文学部[[仏文学]]専修中退。[[1967年]][[パリ]]へ旅立ち、のち[[インド]]を放浪。[[1977年]]小説「宝塔湧出」で[[中央公論]]新人賞]]。その後「第8次[[早稲田文学]]」に編集委員・選考委員として参加。[[1987年]]~[[1988年]]「緑色の渚」「金色の海」「紅葉の秋の」で3回[[芥川賞]]候補になる。1997年[[日本大学芸術学部]]文芸学科で助教授となり、2002年教授(小説、連句を担当)。
 
[[2003年]]~[[2004年]][[日本ペンクラブ]]電子文藝館副委員長、2005年から獄中作家(WiP)委員会副委員長。07年獄中作家・人権委員会副委員長。
匿名利用者