「ガランバ国立公園」の版間の差分

m
m (ロボットによる 追加: zh:加兰巴国家公园)
 
== 動物相 ==
この国立公園の動物相の中で最も特徴的なのが、[[シロサイ]]の亜種キタシロサイである。このサイはシロサイの亜種で、もともとコンゴ民主共和国やその近隣など、限られた地域にしか生息していなかった。密猟により、絶滅危惧種に指定されている。
 
また、キタシロサイの生息と並んでこの国立公園の特色となっているのが[[アフリカゾウ]]の調教で、アフリカの他の国立公園には例を見ないゾウの調教センターもある。この調教は観光などに結びつく事業であり、地域住民に収入の途を与え、結果として密猟を防止することに役立てるという目的も込められている。
 
このほかの動物としては、[[コンゴキリン]]、[[アヌビスヒヒ]]、[[ウォーターバック]]、[[ヒョウ]]、[[ライオン]]などが生息している。
 
== 植物相 ==