「伊豆東部火山群」の版間の差分

ギャラリー追加
(標高追加)
(ギャラリー追加)
[[画像:MountItoCity Omuro-yama in springb.jpg|thumb|300px|[[大室山]]スコリア丘を北西から望む]]
[[画像:Ippekiko01.JPG|thumb|300px|一碧湖(大池)]]
'''伊豆東部火山群'''(いずとうぶかざんぐん)は、[[伊豆半島]]の東部にある[[火山]]及び東方沖の[[海底火山]]からなる[[火山|単成火山群]]。
 
15万年前以降の[[伊豆半島]]では大型の[[複成火山]]の活動が終わり、東部で[[単成火山]]が噴火するようになった。火山群は[[スコリア丘]]・[[溶岩ドーム]]・[[爆裂火口]]などの多数の[[単成火山]]で構成されるている。
 
[[伊豆高原]]はこれらの火山群によって形成されたなだらかな地形の上に発展した観光地である。なかでも[[大室山 (静岡県)|大室山]]は定期的な山焼きのために山体の形状が明瞭で、スコリア丘の代表例として紹介されることも多く、[[伊東市]]のシンボル的な存在となっている。観光スポットの[[一碧湖]]は爆裂火口に水が溜まってできた[[火口湖]]である。伊豆東部火山群は[[天城山]]が火山活動を終えたあとに始まった火山活動であり、[[天城山]]の山腹に形成されることもある。
 
約2700年間火山活動はなかったが、[[1989年]]の伊豆半島東方沖で起きた[[群発地震]]の際に、[[伊東市]]の東方沖わずか3キロメートルの海底で有史以来の噴火を起こし、噴火地点は[[手石海丘]]と命名された。
== 主な火山地形 ==
[[スコリア丘]]
*[[大室山 (静岡県)|大室山]](おおむろやま)580m [[伊東市]]
*小室山(こむろやま)321m 伊東市
*伊雄山(いおやま)459m 伊東市
*遠笠山(とおがさやま)1197m [[伊豆市 ]]&[[東伊豆町]]
*丸野山(まるのやま)697m 伊豆市
*[[巣雲山]](すくもやま)581m 伊豆市
*鉢窪山(はちくぼやま)674m 伊豆市
*高塚山(たかつかやま)[[伊豆の国市]]
*鉢ノ山(はちのやま)619m [[河津町]]
[[溶岩ドーム]]
*矢筈山(やはずやま)816m 伊東市
[[マール (火山)|マール]]
*[[一碧湖]](いっぺきこ)伊東市
== ギャラリー ==
<gallery>
File:ItoCity Omuro-yama a.jpg|<small>[[大室山 (静岡県)|大室山]]を西から</small>
File:Mount Omuro from sakura-no-sato.jpg|<small>大室山を麓から</small>
[[画像File:Ippekiko01.JPG|thumb|300px|<small>[[一碧湖]](大池)]]</small>
File:ItoCity Komuro-yama.jpg|<small>小室山(右端ピーク)</small>
File:ItoCity Yahazu-yama.jpg|<small>矢筈山(中央)、孔ノ山(右)</small>
File:Yahazu-yama and Togasa-yama.jpg|<small>遠笠山(中央)、矢筈山(右)</small>
File:Sukumo-yama b.jpg|<small>[[巣雲山]](中央奥)</small>
File:IzunokuniCity Takatsuka-yama.jpg|<small>高塚山(中央、手前側が採石されている)</small>
File:Izu-kogen and Omuro-yama.jpg|<small>[[伊豆高原]]と大室山</small>
</gallery>
== 関連項目 ==
* [[火山の一覧]]
== 外部リンク ==
*[http://www.seisvol.kishou.go.jp/tokyo/316_Izu-TobuVG/316_index.html 気象庁:伊豆東部火山群]
*[http://wwwriodb02.ibase.aist.go.jp/RIODB/strata/VOL_JP/vol/55.htm 日本の第四紀火山:伊豆東部火山群]
 
{{DEFAULTSORT:いすとうふかさんくん}}
21

回編集