「ラミネート加工」の版間の差分

lk,cl
m (ロボットによる 追加: he:למינציה)
(lk,cl)
'''ラミネート加工'''(らみねーとかこう)とは[[印刷]]物の[[表面]]に[[透明]]の[[フィルム]]を貼る[[処理]]を施すこと。また、工業製品に[[接着]]して密封する[[構造]]の[[包装]]全般<ref>をも指す。身近な例としては、新品の[[携帯電話]]の[[液晶パネル]]上に貼られている保護フィルムや、[[ホームセンター]]で販売されている工作用の[[アクリル]]板や[[アルミ]]板の表面に貼られている保護フィルムなどがある。</ref>をも指す
 
縮めて「'''ラミネート'''」、「'''ラミ加工'''」、あるいは「'''パウチ加工'''」ともいう。
 
== 効果と用途概要 ==
ラミネート加工の主な[[目的]]は、印刷物の表面を[[保護]]することであり、色落ちや[[摩耗]]の防止、[[防水]]、あるいは美観を良くしたり、高級感を増すために行われる。不正な[[改造]]・[[改竄]]を防止する効果もあるため、[[定期券]]や[[運転免許証]]、診察券に用いられる。また[[ラミネートチューブ]]を作る際の原材料となるシートを作る際にもラミネート加工が用いられる。ほかにも、[[写真]]、[[シール]]、[[ラベル]]、[[ステッカー]]、[[ポスター]]など、その応用範囲は多岐にわたる。
 
一方でフィルムと印刷物の間に[[接着剤]]を塗布しているため、ひとたび[[塗装]]部に[[負荷]]がかってはがれてしまうり剥離すると、印刷物の表面とフィルムの間に隙間ができて、そこに[[水]]や[[埃#.E5.9F.83.EF.BC.88.E3.81.BB.E3.81.93.E3.82.8A.EF.BC.89|埃]]などの異物が入りこみ、はがれにくい性質が災いして、かえって異物を除去しにくくなる事態に陥ることがある。
不正な[[改造]]・[[改竄]]を防止する効果もあるため、[[定期券]]や[[運転免許証]]、診察券に用いられる。
 
ほかにも、[[写真]]、[[シール]]、[[ラベル]]、[[ステッカー]]、[[ポスター]]など、その応用範囲は多岐にわたる。
 
== 問題点 ==
フィルムと印刷物の間に[[接着剤]]を塗布しているため、ひとたび[[塗装]]部に[[負荷]]がかかってはがれてしまうと、印刷物の表面とフィルムの間に隙間ができて、そこに[[水]]や[[埃#.E5.9F.83.EF.BC.88.E3.81.BB.E3.81.93.E3.82.8A.EF.BC.89|埃]]などの異物が入りこみ、はがれにくい性質が災いして、かえって異物を除去しにくくなる事態に陥ることがある。
 
[[製品]]を保護できる反面、このことが弱点でもあり、[[接合法|接合]]の耐久性を確保することが課題といえる。
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
<references />
 
{{techTech-stub}}
 
{{DEFAULTSORT:らみねえとかこう}}
8,637

回編集