「レー (詩形)」の版間の差分

 
==レー==
レーの詩形は、通常いくつかの[[スタンザ]]からなるが、各連が同じ形式を取ることはない。結果として音楽には反復がなくなる。この特徴ゆえに、レーを他の同時期の音楽的に重要な詩形(たとえばロンドーやバラード)と見分けることは容易である。だが、14世紀においてレーの発展が終わるまでに、スタンザの反復されるレーも数例見受けられるようになったが、あくまで長詩において見られるに過ぎない。レーの末期の例として、アジャンクールの会戦におけるフランス軍の敗走を偲んだ、ピエール・ド・ネソンによる『戦いのレー(''Lay de la guerre'')』([[1415年]])があげられるが、その旋律は伝承されていない。
 
『[[フォーヴェル物語]]』には4つのレーが存在し、いずれも作者不詳である。これらのレーは、文学的にも音楽的にも、ギヨーム・ド・マショーの作品と同じ高みに到達している。このほかに、14世紀[[アルス・ノヴァ]]の作曲家による別々の19例が現存しており、そのいずれもが、最も洗練され、かつ高度に発達した世俗歌曲に数えることができる。
匿名利用者