「回路図」の版間の差分

編集の要約なし
'''回路図'''(かいろず)とは[[電子回路]]、空気圧機器、油圧機器などの[[回路]]を記述するために用いられる図のことである。実体配線図と異なり、回路図での位置と実際に配置する場所は無関係であり、一種の[[グラフ理論|グラフ]]である。
 
==特徴==
以下は、主に電子回路図の場合を指す。
*アマチュアの自作や、原理試作、[[治具]]設計の場合
:アバウトでよいものは書かれないことがある。しばしば詳細な[[品番]](型式とも呼ばれる)、値([[抵抗]][[Ω|値]]や[[コンデンサ]]の[[ファラド|容量]]、耐圧など)が省略される。
:また使用している部品(よくIC周辺に使用される[[バイパスコンデンサ|パスコン]])そのものが、省略され書かれていないこともある。
:[[集積回路|IC]]などの電源([[Vcc]]・[[GND]]など)や未使用の[[回転端|ピン]]は省略されることがある。
*プロが設計する製品の場合
:[[量産品]]の回路図は、使用される部品の詳細な品番、値と回路図が厳密に対応・管理されており、データ上省略されることはあまりない。だが、その全てを表示させた場合、回路図が文字でいっぱいになり、かえって[[判読性]]が落ちることになるので、敢えて一部の情報を表示(印字)させないことがある。