「当事者主義」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: cs, en, es, fi, fr, he, no, ru, sv)
'''当事者主義'''(とうじしゃしゅぎ)とは、[[真実発見|事案の解明]]や[[証拠]]の提出に関する主導権を[[当事者]]に委ねる原則をいう。[[裁判]]・[[訴訟]]の分野における当事者主義に対立する概念としては、裁判所による積極的な事案の解明や証拠の追を認める'''[[職権探知主義|職権主義]]'''がある。
 
== 法用語として(日本語・日本法) ==
=== 日本の民事訴訟 ===
[[通説]]的立場によれば、利害・権利が対立する当事者間における法的紛争においては、事実関係を最も熟知している紛争当事者が証拠の発見・提出において主導することが効率的であり、このような当事者が自己の利益を実現する目的のために主張・立証を行うことが最も効率的に訴訟上の[[真実発見|真実の発見]]につながると考えられている(一般に民事訴訟における真実とは、必ずしも科学的、実際的真実ではない)
日本における[[民事訴訟]]には、当事者主義が取り入れられているとされる。
 
なお、一般に[[民事訴訟]]における「真実」とは、必ずしも[[実体的真実主義|科学的、実際的、又は、客観的な真実]]と一致しないことに注意を要する([[形式的真実主義]])。
[[通説]]的立場によれば、利害・権利が対立する当事者間の法的紛争においては、事実関係を最も熟知している紛争当事者が、証拠の発見・提出において主導することが効率的で、このような当事者が自己の利益を実現する目的のために、主張・立証を行うことが最も効率的に訴訟上の真実の発見につながると考えられている(一般に民事訴訟における真実とは、必ずしも科学的、実際的真実ではない)。
 
当事者主義とは、審理において、当事者が自らの手においよって主張・[[証明|立証]]を行うものであるから、その結果に当事者が拘束されることの根拠の一つともなる。
 
しかし、このような原則は[[原告]]・[[被告]]双方が対等な立場であればこそ十分機能するものであるとえ、近年増加する個人企業といった構図においては、必ずしも双方が対等な立場にない、として当事者主義を修正すべきとの主張も見られる。
 
=== 日本の刑事訴訟 ===
[[刑事訴訟]]における当事者主義とは、訴訟追行する主導権([[訴因|審判対象]]の設定[[証拠]]の提出)を当事者([[被告人]][[弁護人]][[検察官]])に委ねる建前をいう。なお民事訴訟において見られるような当事者主義は修正され、刑事の場合には徹底されているとはいえない
 
現行[[刑事訴訟法]]は、[[デュー・プロセス・オブ・ロー|適正手続]]の保障]]に重きを置いているといわれる。この発想からは、[[職権探知主義|職権主義]]を広く認め裁判官が積極的に主導的役割を担うのであれば場合、自ら証拠を収集し[[真実発見|真実を追究]]する者がじく時に判断者を兼ねることとなり、自己のらがした線に沿っ判断を行ってしまう危険否めないと考えることとなる。これを避けるために、裁判所としては、むしろ当事者に[[証拠収集]]や主張立証させ、裁判所はを委ね、公平中立な判断者に徹する方が誤りのない判断を下すことができることとなる。
 
しかし、[[刑事訴訟]]における一方当事者は、[[捜査]]権限を有する[[日本の国家機関|国家機関]]たる検察官であって、もう一当事者は被告人と、[[私人]]たる被告人・弁護人に過ぎない。このことからすれば、単なる純に当事者主義をそのまま貫いた場合には[[真実発見|真実の発見]]ないし実体的正義の実現に困難をきたすことが容易に予測される。また、刑事裁判において追求されるべき真実は、民事裁判におけるわば当事者の間での[[形式的真実主義|形式的真実]]にとどまらず、[[実体的真実主義|客観的・実質的な真実]]であることからすれば、裁判所が直接、捜査ないしはに[[証拠収集|証拠の確保]]を図ることも選択肢とすべく規定が[[刑事訴訟法]]には用意規定されている。
 
== 英法 ==
英国法の国において当事者主義はAdversarial System(対抗主義あるいは対審構造)と呼ばれ[[日本法]]などを含めたむ[[ローマ法]]([[大陸法]])の制度Inquisitional System([[糾問主義・弾劾主義]])と呼ばれるのに対し、[[英米法]]における当事者主義は、Adversarial System(対抗主義・[[対審]]構造)と呼ばれる<ref>adversary system
;adversary system(当事者対抗主義; 論争主義; 対審構造
:対立する両当事者がそれぞれ自己に有利な法律上・事実上の主張および証拠を出し合い, これに基づいて中立の第三者が決定するやりかた. 民事および刑事の訴訟手続のほか広く行政手続等でも採用される. 裁判における手続だけでなく, 相互に違う立場から意見を述べあうなかから真実を発見し, または正しい結論を生み出そうとする方法一般をいう場合もある(→accusatory (→accusatory procedure). *inquisitorial systemprocedure)。
;inquisitorial system
英米法辞典、東京大学出版会</ref>要約すると英国法では裁判官は弁護側と検察側の対決が公正になるようにする審判にしか過ぎず、その結果として第三者である陪審員により公正な判決が下される制度である。
:
 
英米法辞典(東京大学出版会)</ref>。
 
英米法における裁判官は、第三者たる[[陪審制|陪審]]による公正・公平な[[評決]]([[判決]])が下されるよう、原告(検察)側と被告(弁護)側との対決が公正・公平になるように確保する審判にしか過ぎない、という理念に立脚する制度である。
 
== 脚注 ==
== 関連項目 ==
* [[当事者適格]]
* [[自由心主義明責任]]
** [[自由心証主義]]
* [[真実発見]]
** [[形式的真実主義]](形式的真実)
*** [[訴訟物]]
*** [[訴えの変更]]
** [[実体的真実主義]](実体的真実)
*** [[訴因]](訴因変更)
**** [[公訴事実の同一性]]
* [[証拠収集]]
** [[証拠開示]]
*** [[最良証拠主義]]
** [[違法収集証拠排除法則]]
** [[伝聞証拠禁止の原則]]
** [[公判前整理手続]]([[期日間整理手続]])
* [[対審]]
** [[トライアル (裁判)]]
** [[口頭弁論]]
** [[公判]]
** [[証拠調べ]]
* [[争点整理手続]]
** [[準備書面]]
** [[準備的口頭弁論]]
** [[弁論準備手続]]
** [[書面による準備手続]]
* [[法用語一覧]]
 
 
{{DEFAULTSORT:とうししやしゆき}}