「IA-64」の版間の差分

m
Itanium 2 リンクの削除(ページ統合のため)
(→‎歴史: アーキテクチャの歴史に絞った (プロセッサの歴史は ItaniumItanium 2へ))
m (Itanium 2 リンクの削除(ページ統合のため))
'''IA-64'''('''Intel Architecture 64'''、あいえーろくじゅうよん)は[[インテル]]と[[ヒューレット・パッカード]]が共同で開発した、[[64ビット]][[マイクロプロセッサ]]の[[コンピュータ・アーキテクチャ|アーキテクチャ]]であり、[[Itanium]]、[[Itanium 2]]で採用されている。
 
特徴として[[EPICアーキテクチャ]]を採用し、多数のレジスタを持つ。インテルの従来の[[32ビット]]である'''[[IA-32]]'''([[x86]])とは、[[命令セット]]の互換性は無いが、IA-32の[[エミュレータ|エミュレーション]]モードを持つ。IA-64は当初はIA-32の後継ともされたが、実際にはx86を64ビットに拡張した'''[[x64]]'''の普及もあり、特定用途に留まっている。
 
== 名称 ==
正式には「Intel Architecture 64」で、インテルの戦略面の強い用語である。現在では、既存の[[x86]]ベースの[[64ビット]]化である[[Intel 64]]などが主流となった影響か、インテルの資料でも「IA-64」の用語は減少し、[[Itanium 2]]などの説明も「[[EPICアーキテクチャ]]を採用した」など個別の技術名が使われている。
 
== 概要 ==
[[IA-32]]をサポートするため、[[Itanium]]は特殊なジャンプ命令で32ビットモードに移行する。IA-32命令はItaniumの各機能ユニットで実行される。しかし、ItaniumはEPICスタイルの命令を高速に実行するよう設計されているため、アウト・オブ・オーダー実行機能を持っておらず、IA-32コードの実行はIA-64モードと比較しても[[Pentium]]系プロセッサと比較しても非常に性能的に不利である。例えば、Itaniumの機能ユニットは通常の[[演算論理装置|ALU]]での計算の副作用のため整数フラグを自動的には生成しないし、境界が整っていないメモリロードを複数続けて行うようにはできていない。[[Linux]]や[[Microsoft Windows|Windows]]上で動作するIA-32ソフトウェアエミュレーターがあるが、ハードウェアがIA-32モードで実行するよりもエミュレータで実行した方が約50%高性能である。
 
Windowsエミュレータはマイクロソフトから、LinuxエミュレータはNovellのようなLinuxベンダーから入手可能である。[[Itanium 2]]のMontecitoからはハードウエアデコーダは削除され、[[Extensible Firmware Interface]](EFI)でIA-32エミュレータがロードされる様になった。
 
== 採用 ==
== 関連項目 ==
*[[Itanium]]
*[[Itanium 2]]
*[[x86]]
*[[AMD64]]