メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
 
以来、量産型DOHCエンジンは世界の多くのメーカーに普及している。
更に、[[ディーゼルエンジン]]にもDOHCを採用する例([[三菱・パジェロ]]<ref>3代目モデルで初採用。モデル末期にはカタログ落ちしていたが、4代目モデルの2008年10月の一部改良に伴い復活した。</ref>=4M41、[[三菱ふそうトラック・バス|三菱ふそう]]・[[三菱ふそう・キャンター|キャンター]]、[[三菱ふそう・ローザ|ローザ]]、[[三菱ふそう・エアロミディ|エアロミディ]]、[[日産・シビリアン]]=4M50(T5)、[[三菱ふそう・スーパーグレート]]=[[三菱ふそう・6R系エンジン|6R10]]<ref>ちなみに大型トラック用としては国内初となる。</ref>、[[いすゞ・ビッグホーン]]、[[いすゞ・ウィザード]]=4JX1<ref>2005年現在は生産終了。</ref>、[[いすゞ・エルフ]]、[[日産・アトラス]]、[[マツダ・タイタン]]=4JJ1-TCS)も散見される。
 
== 他の名称について ==
匿名利用者