「スコリア丘」の版間の差分

写真追加
m
(写真追加)
[[画像:KOMETUKA01.jpg|thumb|250px|[[阿蘇山]]の米塚]]
'''スコリア丘'''(すこりあきゅう)は[[玄武岩]]~[[安山岩]]の溶岩による噴火活動により[[スコリア]]が放出され、[[火口]]の周りに積もり丘を形成したものを指す。[[画像:KOMETUKA01.jpg|thumb|220px|right|スコリア丘の米塚([[阿蘇山]])]]
[[画像:ItoCity Omuro-yama b.jpg|thumb|250px|[[伊豆東部火山群]]の[[大室山]]]]
 
'''スコリア丘'''(すこりあきゅう)は[[玄武岩]]~[[安山岩]]の溶岩による噴火活動により[[スコリア]]が放出され、[[火口]]の周りに積もり丘を形成したものを指す。[[画像:KOMETUKA01.jpg|thumb|220px|right|スコリア丘の米塚([[阿蘇山]])]]
 
== スコリア丘の形態 ==
スコリア丘は主に玄武岩~安山岩の溶岩による活動で、そのほとんどは一度の活動によって出来できた[[単成火山]]で規模は小さい。形成される場所は複成火山の側火山や独立単成火山群の一部として形成されることが多い。また、[[複成火山]]の山頂火口内に一度の噴火で形成され、その後の噴火や陥没により非常に短期間で消滅こともある(例:[[伊豆大島]]の[[三原山]]の三原新山など。)。
 
スコリア丘の形成中に大量の[[マグマ]]が地下から噴出すると、噴出した[[溶岩]]はガサガサのスコリア丘より密度が大きいのでスコリア丘と基盤の間から染み出るように流出する。そうすると、[[溶岩流]]は上にのっているスコリア丘を破壊しながら流下する。これによりスコリア丘は馬蹄形(U字型)の形状となる。溶岩流の上にはスコリアの残骸がのっていてこれを「'''スコリアラフト'''」という。
 
また、形成される期間によっても形が変わってくる。短期間で形成されたスコリア丘は溶結してお供え餅(数時間以内に形成されたものに限る)のようになったり不安定な形をしていることが多い。長期間(数ヶ月単位)で形成されたものは長い間を掛けて不安定な箇所をスコリアで修正するので大きく非常に安定した斜角をしている。(例:[[阿蘇山]]の米塚・[[富士山]]の大室山)
 
== 関連項目 ==
* [[火山]]
* [[火砕丘]]
* [[溶岩流]]
21

回編集