「増田盛次」の版間の差分

編集の要約なし
{{基礎情報 武士
{{武士/開始|増田盛次}}
| 氏名 = 増田 盛次
{{武士/時代|[[安土桃山時代]] - [[江戸時代]]前期}}
| 画像 =
{{武士/生誕|不詳}}
| 画像サイズ =
{{武士/死没|[[慶長]]20年[[5月6日 (旧暦)|5月6日]]([[1615年]][[6月2日]])}}
| 画像説明 =
{{武士/別名|宗重}}
{{武士/| 時代| = [[安土桃山時代]] - [[江戸時代]]前期}}
{{武士/官位|[[兵部省|兵部大輔]]}}
| 生誕 = [[天正]]8年([[1580年]])?
{{武士/主君|[[豊臣秀次]]?→[[徳川家康]]→[[徳川義直|義直]]}}
{{武士/| 死没| = [[慶長]]20年[[5月6日 (旧暦)|5月6日]]([[1615年]][[6月2日]])}}
{{武士/藩|[[尾張国]][[尾張藩]]士}}
| 改名 =
{{武士/氏族|[[増田氏]]}}
{{武士/| 別名| = 宗重}}
{{武士/父母|父:[[増田長盛]] 母:[[森可成]]の娘}}
| 諡号 =
{{武士/終了}}
| 神号 =
'''増田 盛次'''(ました もりつぐ[[天正]]8年([[1580年]]) - [[慶長]]20年([[1615年]])[[5月6日]])は、[[安土桃山時代]]から[[江戸時代]]初期の[[武将]]。宗重。[[兵部省|兵部大輔]]を称した。[[増田長盛]]の次男。兄に[[増田長勝|長勝]]、弟に[[増田新兵衛|新兵衛]]。
| 戒名 =
| 霊名 =
| 墓所 =
{{武士/| 官位| = [[兵部省|兵部大輔]]}}
| 幕府 =
{{武士/| 主君| = [[豊臣秀次]]?→[[徳川家康]]→[[徳川義直|義直]]}}
{{武士/| | = [[尾張国]][[尾張藩]]士}}
{{武士/| 氏族| = [[増田氏]]}}
{{武士/| 父母| = 父:[[増田長盛]] 母:[[森可成]]の娘}}、養父:''[[増田長俊]]''
| 兄弟 = [[増田長勝]]、'''増田盛次'''、[[増田新兵衛]]
| 妻 =
| 子 =
| 特記事項 =
}}
'''増田 盛次'''(ました もりつぐ[[天正]]8年([[1580年]]) - [[慶長]]20年([[1615年]])[[5月6日]])は、[[安土桃山時代]]から[[江戸時代]]初期の[[武将]]。宗重。[[兵部省|兵部大輔]]を称した。[[増田長盛]]の次男。兄に[[増田長勝|長勝]]、弟に[[増田新兵衛|新兵衛]]。
 
== 生涯 ==
[[天正]]18年([[1590年]])、[[豊臣秀次]]に仕えて'''盛次'''と名乗る。[[文禄]]4年([[1595年]])7月15日秀次が切腹すると[[大和郡山城]]で謹慎した。
 
[[慶長]]5年([[1600年]])の[[関ヶ原の戦い]]では父長盛と共に西軍に付き[[大津城の戦い]]に参陣したという。戦後増田家は[[改易]]、長盛は[[流罪]]に処されたが、盛次と庶兄長勝夫婦は叔父[[増田長俊]]の養子となり連座を免れ、盛次は[[徳川家康]]、次いでその子である[[尾張藩]]主・[[徳川義直]]に仕える。長盛の家督は末弟の新兵衛が相続した。慶長19年([[1614年]])の[[大坂の役|大坂冬の陣]]では徳川方として参戦し、戦功をあげた。
 
しかし豊臣恩顧としての心情から城方が勝つと笑い、寄せ手が勝つと苦い顔をしていたという。このことが冬の陣後家康の耳に達し「流石増田の子」と称賛される。その後主君義直の了解を得て尾張家を離れ、父長盛とも相談の上[[大坂城]]に入城する。家康は長盛の監視をゆるやかにするようにと言ったと伝わる(「[[駿河土産]]」巻三)。
 
慶長20年([[1615年]])5月6日、父長盛が元服の烏帽子親を務めた[[長宗我部盛親]]隊に属し八尾に進軍。徳川方の[[藤堂高虎]]隊と交戦する。当初は優勢であったが、その後形勢は徐々に逆転し、長宗我部隊は撤退を余儀なくされた。盛次が[[殿 (軍事用語)|殿軍]]を務めたが、藤堂隊の追撃は激しく、藤堂家臣の[[磯野行尚]]([[浅井氏|浅井家]]に仕えた[[磯野員昌]]の孫)に討ち取られた。[[享年]]不詳。その討死は「はれなる」と称された(同上)。盛次の死後、長盛は家康より死罪とされたとも、自ら切腹したともいう。