「建ぺい率」の版間の差分

編集の要約なし
m (「概 要」 → 「概要」)
'''建ぺい率'''(建蔽率、けんぺいりつ)とは、敷地面積に対する[[建築面積]](建坪)の割合である。防火上と住環境配慮目的がある。 (なお、「'''蔽'''」が[[常用漢字]]にないため、この表記になっている。)
 
「'''蔽'''」が[[常用漢字]]にないため、この表記になっている。
 
==概要==
#<!---都市計画区域においては、??-->都市計画で[[用途地域]]と合わせて建ぺい率が定められている場合は、原則として、規定を上回る建ぺい率の建物を建ててはならない。ただし、以下のような場合はこの限りではない。
#*[[近隣商業地域]]または[[商業地域]]内でかつ[[防火地域]]内に[[耐火建築物]]を建てる場合。この場合は、都市計画の建ぺい率は適用されない。従って、理論上は[[敷地]]全面(100%)に建てることも可能である(もちろん、外壁の位置が定められている場合などは除く)。
#*敷地が角地にあたる場合、防火地域内の耐火建築物の場合。この場合は、10%の割増(両方該当すこともあ場合、20%の割増)に緩和される。
 
==関連項目==
635

回編集